名前の通り、さもしい男だ

2012年06月10日

大奥様 〜散華の乱〜 『さんかれあ』第10話感想


―――WORNING―――


この記事には『さんかれあ』第10話のネタバレが含まれております。ついでに10話には亜里亜の乳首どころか裸すら登場しません。おっと究極のネタバレやっちった、てへぺろ。



さんかれあ 第10話00.jpg
Before

あら可愛い。
額の正中四連黒子を毟り取りたくなる程愛らしい、若かりし頃の団一郎おぼっちゃま。
潔癖症とKY以外はとりたてて欠点の無い、真面目で勤勉な道徳精神も高いナイスガイだったらしい。

さんかれあ 第10話06.jpg
After

それがどうしてこうなった
仮に礼弥の実母が生きていたら、子煩悩ながら厳格で公正な紳士になっていたのではないだろうか。
そう考えると実に惜しいことである。
団一郎の失敗はまだ幼い病弱な妻に子供を産ませたこと。
このロリコンめ・・・羨ま許せん。
子作りはなるだけ自重して、彼女の身体が成長するのを待つべきだったと思うんだ。
この(r

さんかれあ 第10話01.jpg

団一郎がまだ独身だった頃のメイド達は彼の花嫁候補であり、素養・教育・家柄といった項目を全てパスした者しか散華家で働くことを許されなかったらしい。
若い女達が当主の寵愛を得ようと必死になる様は大奥そのもの
そして女達の熾烈な争いを勝ち上がり、団一郎の後妻としての座を射止めたのが散華亜里亜だったというわけである。
亜里亜ったら何て瑞春院。
新入りにそれとなく釘を刺す先輩メイドに嫌味を返す亜里亜が実に生意気で素晴しい。
自分の勝利を確信している彼女のなんと滑稽なことよ。
贅沢をいえばメイド達の陰湿な虐めや確執といった大奥じみた争いをもっと見たかったところ。
テンポを悪くしてまで先の話数を挿入してくるぐらいなら、オリジナル回として散華家のメイド達の日常や昔のメイド達の争いをクローズアップしても良かったのではないだろうか。

さんかれあ 第10話12.jpg

散華亜里亜によって語られる散華家の過去。
礼弥の本当の母親は礼弥を産んですぐに亡くなり自分は後妻なのだという。
花嫁候補として散華家の奉公に上がり、団一郎の信頼は得たが愛情は得られず、鳶に油揚げを獲られるが如く予想もしていなかった相手に団一郎を奪われ、努力と献身でやっとこさ後妻に納まってみても結局一度も相手にされなかったという哀しい現実。
玉の輿ゲット!人生勝ち組ワロタwと喜んだのも束の間、その実態は負け犬でしたという人生の切なさとままならなさを教えてくれる回である。
人生ってショッペェな。

さんかれあ 第10話14.jpg

この再婚のしょっぱさをホステスに貢ぎまくって結婚したおっさんを例に考えてみよう。
あくまで例えの話であり大島洋平などという左母二郎の友人など存在していないのだ(仮)。

ある日、大島洋平(仮)はとあるキャバクラで超好みのキャバ嬢に出会った。
気を惹きたいがために足げに通い、シャンパンタワーやプレゼント攻勢のかいもあって、なんとかデートに連れ出せる仲にはなったがホテルはNGで、なにも進展しないまま時はすぎていく。
ある日唐突に店を辞めてしまった彼女。
目当ての彼女はどっかの屑ホストの子供を妊娠し結婚してしまったらしい。
1年後ホストに捨てられてキャバ嬢に復帰した彼女を支える為に、さらに散財する大島洋平(仮)。
失意の彼女を慰め続けて信頼を得て、とうとう再婚できたが子育てを理由に先っちょ入れるどころか一切触れさせてもらえない日々が続く。
しかも彼女は前の旦那の子供ばかりに愛情を注ぎ、こちらには毎日ふりかけご飯だけという哀しい結婚生活。
大島洋平(仮)の人生は、家族を養っていくだけに働く働きアリそのものだった(涙)。
〜終劇〜
これはしょっぱいとかいうレベルじゃない
酷い例えだが大元はこれと同じだろう。
自分の全てを捧げた相手が自分に何の関心も持っていないというのに気付いてしまったら人はどうなるか?
荒れても仕方がないね。

さんかれあ 第10話10.jpg

団一郎と結婚さえしなければ、良妻賢母になっていたかもしれない亜里亜。
彼女の失敗は無駄に高すぎる自尊心と半端な乙女心
妖艶な見かけとは裏腹に乙女チックな彼女は、愛を注ぎ続けていればいつか団一郎もそれに応えてくれるのだという幻想を抱いていたのだろう。
あかんよ。
そりゃあかんわ。

さんかれあ 第10話05.jpg

結局は政略結婚でしかない散華家の嫁取りに加えて、他人の感情の機微に疎い団一郎に好いてもらおうと思うなら口に出さねばならなかったのだ。
ああいった全く空気の読めないような人種に「いつか気付いてくれる」とか「言わないでも察してくれる」は超NG。
プライドが邪魔して言いたい本音も言えなかったんだろうと思うが、離婚もできず、妻として母として女としての価値も得られず、鬱憤だけが堪っていく生活は厳しいな。
早く離婚して新しい恋を探した方が、残りの人生を幸せに過ごせるのではないかと思うのだがどうだろう。


第09話感想 ⇒第08話感想 ⇒第07話感想


↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

タグ:さんかれあ
posted by 左母二郎 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

クスリダメ、絶対!『峰不二子という女』第10話感想


―――WORNING―――


この記事には『不二子という女』第10話のネタバレが少しは含まれてオスカー。かなりラリった感じの文章なので気持ちハイでよろピコ。



LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第10話03.jpg

ルパンが死んだ街で見たものは夢か現か、それともフロイライン・オイレによってもたらされた幻なのか。
話の展開が分からず「つまり、どういうことだってばよ?」と首を傾げるか、「なるほど、そういうのもあるのか」と煮込み雑炊を頼むが如く納得するかで、評価が二分されたであろう第10話。
なんとも幻想的な話だったが突き詰めれば「脱法ハーブやめますか?それとも、人間やめますか?」的なクスリのやり過ぎには注意しようぜ★という話だったわけである(大ウソ
アメリカンっぽいジョークで文章を引き締めつつ、今回判明された事実を列挙してみた。
はーどっこいしょ。

1つ 『不二子の父親はハゲ』
2つ 『不二子は人体実験の被験者だった』
3つ 『不二子は20歳』
4つ 『フロイライン・オイレを服用すると人が梟に見えるらしい』
5つ 『グラウコス製薬がフロイライン・オイレを精製した』
6つ 『ルパンは伯爵から依頼されていた』
7つ 『幼女不二子はとってもキュート』
8つ 『オスカーはホモ』
といったところであろうか。

LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第10話05.jpg

1番目の事柄 『不二子の父親はハゲ』
みごとなハゲだったね。
激しいほどのハゲ。
ついでに歳もとってたね。
そうとう頑張って不二子を作ったんだろうね。
奥さんは登場しなかったけどEDとか問題なかったんだろうか。
では次。

LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第10話01.jpg

2番目の事柄 『不二子は人体実験の被験者』
ハゲパパや銭形の話からすると、不二子は人体実験の被験者だったらしいが彼女で何の実験をしていたかは不明。
オイレンシュピーゲルでは「恐怖」を研究していたというが、この「恐怖」というのもどういった類のものかは明かされていない。

3番目の事柄 『不二子は20歳』
どう考えても20代後半だろと突っこみをいれたくなるほどの成熟度である。
あれだろ、年齢詐称してんだろ?
パパンが外国人で本人はハーフだから早熟なのかもしれないが年齢詐称はもはや疑い様がない。

LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第10話04.jpg

4番目の事柄 『フロイライン・オイレを服用すると人が梟に見える』
クスリダメ、絶対!
脳味噌蕩けちゃうから麻薬はヤバいよね。
今のところ伯爵とその部下の頭が梟に見えるのが薬によるものか、かぶり物によるものか、ただの演出上のものかは不明。
フロイライン・オイレの影響として考えれば、銭形・オスカーの2人は1話の時点で海に落ちて気化したそれを、ルパンと不二子に至ってはそれ以前に吸引してしまっている可能性がある。
そもそも誰も梟頭に突っ込みをいれないのが不思議だ。
正常な神経の持ち主なら「頭が梟ですね」くらい挨拶のあとに言うだろうよ。

5番目の事柄 『グラウコス製薬がフロイライン・オイレを精製した』
全ての物語の裏にはルイス・ユー・アルメイダ伯爵が絡んでると考えておけば問題無し。
第1話で麻薬に興味を示さないはずのルパンが教団に潜入したのは不二子に会うためで、不二子が教団に潜入し麻薬を狙ったのは、フラフラという麻薬がフロイライン・オイレそのものだったからということなのだろう。
結局のところ不二子がフロイライン・オイレを狙った理由は不明。

6番目の事項 『ルパンは伯爵から依頼されていた』
不二子とルパン、二人の出会いは伯爵によって人為的に行われたということになる。
なぜ伯爵がルパンを不二子の相手として選択したのかは今のところ不明。
伯爵はNTRスキーなのかもしれない。
左母二郎と同じ病気崇高な趣味だね。フジタマなんつってピースピース。

LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第10話02.jpg

7番目の事柄 『ロリ不二子はキュート』
これ重要
一番重要
今まで継ぎはぎ回想でしか登場しなかったロリ不二子が、幻といえども登場した事は大きい。
幼い頃の不二子は快活そうで実にキュート。
こんなにラブリーなお嬢ちゃんが将来あんな痴女になってしまうなんて時の流れとは無情である。
左母二郎が育てていれば20歳になっていても一緒にお風呂に入ってくれる親孝行で貞淑な娘に育ったはずだ。

LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第10話00.jpg

8番目の事項 『オスカーはホモ』
うん、前から分かっていたことだね。
オスカー君、力み過ぎて破瓜してるよ?
銭形が強く想っている人物にはそれが愛情であれ憎しみであれ殺意であれ何でも嫉妬の対象となるヤンデレホモ。
誰かこのホモを早く成敗して下さい。

8項目列挙してみたが何一つ重要ではなかったうえに、不明項目が多すぎて痛い。
なんせ真面目に考えてないからね、仕方ないね。
そしてよく考えてみればリアルの不二子が一切登場しなかったという。
どうせ前回のショックが抜けきらずで療養でもしてるんでしょう。
そしてよくよく考えてみれば3週も不二子が裸になっていないという。
次回はパイオツいっちょお願いしますわん。
そしてよくよくよく考えてみれば特に書くべき感想すら思いつかないので唐突に記事を終わらせるのだった。

いや本当に酷い文章だな・・・。
でも書きなおす気力も無いので投稿してやる。

本日の注意事項。
酒をしこたま飲んで記事を書くと酷い事になるぞ。
薬は自分だけでなく周りの人間も不幸にするぞ。
初等教育に失敗すると娘はビッチに育つぞ。

以上の3点でした。


第09話感想 ⇒第08話感想 ⇒第07話感想



↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

ナナエルとハチエルの後輩はチタンダエル『クイーンズブレイドリベリオン』第10話感想


―――WORNING―――


この記事には『クイーンズブレイドリベリオン』第10話のネタバレが少しだけ含まれております。



クイーンズブレイドリベリオン 第10話00.jpg

2代目ぶっかけ天使降臨。
残り2話になってようやく登場した『神罰の執行者ライラ』
ライラの登場により、クイーンズブレイドリベリオンのキャラクターが出揃ったことになる。
ハーフエンジェルで生まれつき片羽しか生えていない彼女は、羽の代わりをする聖具ネフィリムの羽と、聖乳をいつでもどこでも誰にでも好きにぶっかけられる聖乳砲を装備している。
見た目は毅然としたクールな印象だが、実際はナナエルを凌ぐほどのアホの子で、内面ではジミー大西の様に常にテンパっている残念な女の子である。
ナナエル⇒次にライラと出会った人間は、毎度低レベルな天使を遣わしてくる天界と神の存在を疑うことになるだろう。
だが可愛いから全然許せる

クイーンズブレイドリベリオン 第10話012.jpg

クイーンズブレイドに登場する天使が所持する聖なるチチこと聖乳。
元々のビジュアルブックでは、人の持つ武器では傷つかない光明の天使ナナエルへのダメージを計るための存在だった。
アニメでは魔物や闇の存在相手に聖水のような効果をもたらす聖乳は、それ以上に擬似白濁液としても大活躍だったわけである。
ダメージを受けるかわりに白い液体まみれになる天使。
前作ではナナエルが”セルフぶっかけ女優”の役割をはたしていたが、その設定はしっかりライラに引き継がれているらしい。
事あるごとに聖乳砲をぶっぱなしては聖乳をひっかぶるライラ。
(`・ω・´)ゞ<ぶっかけご苦労様です。
やっぱりアホの子ほど可愛いと感じる左母二郎は父性本能の塊の様な男だと思うんだ。ジュルリ。

クイーンズブレイドリベリオン 第10話05.jpg

クローデットに面会を求めたライラは女王の覇気に触れて逃げ帰り、城に侵入したアンネロッテ一行はユーミルの罠によって引き離され、各々違う相手と戦う破目に陥ってしまう。
あれ、これってBLEACHだったっけ?といわんばかりの週刊少年跳躍的なノリへ。
別々の場所で敵と味方が同時に戦う展開ってありふれているけど面白いよね。
しかもアルドラとの戦いで不利になったアンネロッテが再び卍解するという胸熱展開に。
クイーンズブレイドなのに戦闘が普通に面白い・・・だと・・・?。
意外といえば失礼だが、エロが少ない割に非常に楽しめた回だったと思う。

クイーンズブレイドリベリオン 第10話03.jpg
この後、対峙したブラウェンを見てムクムク股間のモノを威きり立たせるルナルナさん。
まるでヒソカみたい。


それにしても普通に面白い話を作れるだなんて、制作スタッフに何があったというのか。
たんすの角に頭ぶつけたか、道に落ちている物でも拾い食いしたのかもしれないな、というぐらい意外だったわけだ。
来週は今まで活躍の機会が少なかったブラウェンとターニャンサイニャンにも、出番が回ってくるかもしれず嬉しい限り。
ルナルナVSブラウェンはともかくクローデットVSターニャンサイニャンは瞬殺どころか戦闘シーンすら無いかもしれないが、来週も期待できる内容になっていることを願うばかりだ。


第09話感想 ⇒第08話感想 ⇒第07話感想



↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。