名前の通り、さもしい男だ

2012年07月01日

思った以上に上手に収まった最終回だった『峰不二子という女』第13話(最終話)感想


―――WORNING―――


この記事には『峰不二子という女』第13話のネタバレがわずかに含まれております。





LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第13話03.jpg

意外な事に最終話は実に面白かった。
ここへきての真の黒幕登場に唐突な感じはあったものの、今までしっくりこなかった部分に最後のピースがぴったりと填まった様な印象を受けた。
不二子らしからぬ過去も、出自も両親も不二子の年齢が20歳というのも全部でたらめだったということか。
イゾルテ回以降は低迷し続け、後半は目も当てられないアレな惨状だったので、最終回には何も期待していなかっただけに良い意味で期待を裏切られた形になった。
この最終話によってこの作品は左母二郎の中で『あってもなくても大差ない作品』から『見せ方が残念な作品』へとランクアップした。
後ひと捻りあれば『名作に限りなく近い凡作』を狙えたかもしれないのに残念だ。(一応褒め言葉)

LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第13話02.jpg

最終話のどんでん返しで、なんとか駄作のカテゴリィから脱却した感のある『峰不二子という女』だが、考えてみれば実に勿体無い作品だった。
13話で流すには本編のエピソードが長過ぎたのおかげで、中盤以降は間延びしてかなり退屈な感じになってしまっていたのは痛い。
正直、本編は半分程度でよかったのではないかと思う。
こういった搦め手の回りくどい話は長ければ長いほど、どんでん返しの驚きも大きいのだが、どうしても中盤が退屈になり視聴を切る人も多くなってしまう。
全体的に暗く不可解で救いのない本編は5〜6話でとっとと終わらせ、それ以降の話をルパン一味の活躍に焦点を当てていれば中弛みを抑えられたに違いない。
解決編を最終話にもってきたいというのなら『涼宮ハルヒの憂鬱』のTV放送の様に、本編と解決後のエピソードをシャッフルして放送してやれば、かなり面白い構成になっていたのではないだろうか。

LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第13話01.jpg

結局、この作品で表現したかったことはたったひとつで、峰不二子という女は、たとえ記憶を消され悲惨な過去を植え付けられたとしても、以前と変わらず盗みを楽しみ快楽に耽り自由気ままに生きるだろう、ということだったのだろう。
まさに今までのルパンシリーズを通しての不二子像そのものであり、不二子という人間の生き様そのものだと感じずにはいられない。
微妙に性格付けが異なる配役のなかで、不二子だけが何も変わらず元のままの性格と行動理念を維持しているというのは実にらしくていいじゃないか。
不二子はいつから不二子として完成していたのか、そういった考えからこの作品が生み出されたのかもしれない。

LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第13話00.jpg

ただし、これを知らしめるために13話も引っ張ったのは失敗だろう。
丁寧に丁寧に矛盾を積み上げ、最後に矛盾を解決することで得られる大きなカタルシスは素晴しいと思うのだが、ルパン三世という作品には相性が悪かった様だ。
これは探偵や警察の物語の領分であり、泥棒の物語の領分ではない。
やはり泥棒の仕事はもっと派手で愉快で分かり易い展開の方がしっくりくる。
弱気を助け悪を懲らしめお宝を頂戴し、不二子に持ち逃げされるがちゃっかり取り返す。
お人好しで女好きで抜けているが、相手の思惑の上をいき誰にも捕えられないが銭形だけには遅れをとる。
そんな単純で王道な展開がルパンシリーズに相応しい「らしさ」だと思うのだ。
勿論、こんなルパンがあっていいじゃないか、というコンセプトで作られた作品相手に前の作風の方が良かったというのは間違っているのは十分理解しているが、新しいドラえもんを受け入れることのできない人が大勢いるように、長く続いたシリーズのイメージはそう簡単には払拭できるものではない。
不二子が主役のルパンシリーズの外伝的位置付け作品でも、こういった王道的なルパンの活躍が見たかった
この作品の最大にして致命的な失敗は、ルパンあってのルパン三世シリーズで峰不二子が主役を張った、ただそれだけのことなのかもしれない。




↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

感動?いえいえ最初から最後まで爆笑でした。『アクエリオンEVOL』第26話(最終話)感想


―――WORNING―――


この記事には『アクエリオンEVOL』第26話のネタバレが含まれております。





アクエリオンEVOL 26話01.jpg

最終回は笑いっぱなし。
シリアスの衣をなげ捨てた下には怒涛のお笑い要素が詰まっていたというまさかの展開に、見終わった後は実に面白いコメディーアニメだったなあという気分になった。
手に汗握る展開というより、次はどんな手法で笑わせてくれるのだろうという期待の方が強かった最終回だったと思う。
バラエティーのお笑い番組を見てるような感じだといえば、お分かりいただけるだろうか。
特にシュレード機が現れた時からニヤニヤ笑いが止まらず、アクエリオン・ゲパーダで爆笑し、空気を読まない不動の「今を受け入れろアマタ」というセリフで脳が溶けた。
おっさんそのセリフおかしいです!
とにかく真面目なのか笑わせたいのかよく分からない展開にツボったのは事実。

アクエリオンEVOL 26話06.jpg

ここまで最終回を爆笑しながら視聴できたのは、EVOLをかかさず見続けてきたからだろう。
例えば、EVOLの本編を一切見ずに最終話だけを見たとしたら「なんてバカバカしくふざけたアニメだろうツマらん」という感想を持ったに違いない。
まあ、毎週見ていてもふざけたアニメだと普通に思っているが、やはり1話から25話までを視聴して作品のノリと悪ふざけを理解した上で最終回を見なければ、この面白さは決して伝わってこないのではないだろうか。
どのアニメでも同じかもしれないが、それでもアクエリオンEVOLについては特にそう思うのだ。
最終話だけを見た人には滑稽でくだらない最終回だったかもしれないが、毎週EVOLを視聴して作風とノリを刷り込まれたEVOLARには極上の集大成に感じられたのではないかと思う。

アクエリオンEVOL 26話03.jpg

しつこさだけが取り柄のアマタ
自分勝手な思い込みで空回りし続けるミコノ
いつまでも報われないゼシカ
おいしいところをかっ攫っていくシュレード
シュレード大好きっ子のカイエン
MIXと合体できたが結局男女機合体できなかったアンディ
活躍の機会をことごとく潰されるモロイ
人の恋路と男性カップルに目を輝かせるサザンカ
ひとりだけ方向性の違う不動
いつも通りにウザいミカゲ
セリフも出番も無いのに存在感の強いモブ達と、要するにいつも通りの内容が最終話にはこれでもかと詰め込まれていたわけだ。
これを集大成と呼ばすになんと呼ぶ。

アクエリオンEVOL 26話04.jpg

ハイパー化したエンシェント・アクエリオンとの決着やミカゲによって引き起こされた天変地異は「愛でなんとかなったぜ!」という投げ捨て解決のご都合展開だがこれもいつも通りなので気にならない。
まさにノリだけで突っ走った感のある最終回だったが、この作品の終わり方としては十分合格点ではないだろうか。
もちろん突っ込みどころも満載だが、「こまけぇこたぁいいんだよ!」の精神で全て受け止めた上で、投げ捨てよう
いちいち突っ込んでられるか。
左母二郎としても、理屈抜きで今までで一番面白おかしく見れたのは事実で、ミカゲがハッピーで終わったのが心残りだが概ね満足できた最終回だった。

アクエリオンEVOL 26話07.jpg

振り返ってみるとアクエリオンEVOLというアニメは手放しで傑作と褒めるには抵抗があるものの、傑作と迷作の合いの子の様にいつまでも記憶に残っていそうな作品になった。
誰もが感動するような作品では無いけれど、誰もが笑って楽しめる作品になったのではないかと思う。
放送されるアニメの全部が全部こんなアニメなら疲れそうだが、たまにはこんなバカなアニメが1つ2つあっても良いんじゃないかな。


第25話感想 ⇒第24話感想 ⇒第23話感想




↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

ご存知無いのですか!?彼女こそ超時空ツンデレラ、チアキちゃんです『モーレツ宇宙海賊』第25話感想


―――WORNING―――


この記事には『モーレツ宇宙海賊』第25話のネタバレが含まれております。
キラッキラにされてやんぜ。




モーレツ宇宙海賊 第25話07.jpg

アバンであっさり解決したルカの行方。
監禁されて○○されているルカの薄い本はよっ!と思っていた時期が私にもありました。
ぶっちゃけ先週から今日までだっつーの。
さすがにこの作品の雰囲気で重たい話になるわけないと分かってはいたが、アバンで解決する様な軽さだったとは。
確かに最終話まで引っ張るほどことでもないか。
それにしてもリゾート惑星でバカンスを満喫してきたそうだが、男達が引く手あまただったというルカの思い出し笑いが妙にエロい感じだ。
これはあれじゃないか。ビーチの片隅で数人のナンパ野郎とルカによる乱ゲフンゲフン。
そろそろ頭を薄い本から切り離して25話の感想書いていきますか。

モーレツ宇宙海賊 第25話08.jpg

単身で海賊の巣に乗込んできたクオーツに敵意をむき出しにする・・・え〜と誰だっけ?名前分かんないから三下でいいか。
三下の暴走と、鉄の髭の乱入で凍りついた場をあれよあれよと仕切ってしまう茉莉香の主人公補正が半端ない。
わざわざ各人にスポットを浴びさせる芸の細かさで、彼らが本当の意味での海賊では無く舞台と道具で雰囲気を演出するエンターテイナーだという事が良く分かる。
船長キャリア1年にも満たない茉莉香と比べて、圧倒的に経験豊富な歴戦の海賊達。
彼らは三下を除けば皆古兵らしく落ち着いた雰囲気をしているが、どいつもこいつも絵に書いた様な海賊コスプレなのが酷い。
もう少しデザイン凝ったのにしようよ。
結局のところ、どんな格好をしていようがメインキャラ補正のない連中は出番無いままグランドクロスにやられる運命だろうから、キワモノでもいいんだろうけどね。
撃沈する為に登場したチンドン屋達乙。

モーレツ宇宙海賊 第25話02.jpg

いつも持って回ったようなセリフを吐き要領を得ない鉄の髭。
彼の言葉を簡単に訳すと「海賊なら狭い宇宙に留まってないで外宇宙に漕ぎ出そうぜ!」といった感じだろうか。
誰も到達した事の無い宇宙の果てに行くのもロマン溢れる冒険だと思うが、宇宙海賊が獲物のいないところに行ってどうしようというのだろう。
銀河帝国の海賊は外宇宙探査船かなんかなの?
異種生命体でも見つけ出して掠奪行為でも行うつもりなのか。
海賊や山賊というものは、人が必ず通りかかる航路や街道に陣取るから飯が食えるわけである。
人跡未踏の世界に行こうと考える様な冒険心を持った海賊は海賊では無く冒険者だよ。
もっとも、私掠船免状を細々と更新し続けられたとしても船が破壊されたり、後継ぎ不在のまま船長が死亡してしまうと海賊廃業という先細り確実な私掠船免状持ちより、銀河帝国に認められ真の海賊として外宇宙に飛び出した方が未来に希望が持てるのも事実である。
彼らからしてみれば、免状持ちの海賊などお上に許される範疇でごっこ遊びのぬるま湯に浸かっているイベント会社のようなものでしかないのだろう。

モーレツ宇宙海賊 第25話03.jpg

クオーツが私掠船免状持ちの海賊船を嫌っているのは上記の通り、彼らが名ばかりの海賊であり相続や後継による惰性で海賊を名乗っている中途半端な存在だから。
気合いの入った硬派不良が格好だけのチャラい不良を毛嫌いるみたいな。
ちょいと例えが酷すぎたが、命をかけて仕事に取りくんでいる自分の隣で、腐抜けた緊張感の無い仕事をされるとぶち切れそうになるという気持ちも分からないわけではない。
だからといって、河岸の違う者に「私は命をかけてんだからお前らも命かけろ」というのは見当違いの理論であり間違っている。
ましてや存在が不要だと独断と偏見で切って捨てるのも、一方的な押し付けに過ぎない野蛮な行為である。
彼女の行為の目的が海賊殲滅などではなく、私掠船免状持ちの中に自分と同じような志を持った本物の海賊がいるのか試したかったということなら共感できるかもしれないが、スパイを送り込んだり新造戦艦で一方的に相手を嬲るやり方は褒められたものではないだろう。

モーレツ宇宙海賊 第25話01.jpg

滲み出る雑魚臭の三下を一撃で昏倒させるケイン(弟)
アホ毛の方は双子の弟だったらしい。
クローンの設定の方が面白かったのに・・・。
弟と入れ替わっている間ケインはどこで何をしていたのだろうか。
もしかしたら20話のバーでの会話の後、弟に弁天丸を任してケインと梨理香はそのままパラベラム号に乗船したのかもしれない。
今思うと、22話のシャトルの中でケイン(弟)が発した「どうするんです?海明星から通いますか弁天丸に。それともなりますか本当の船乗りに」という言葉は、このまま私掠船免状の芸能海賊を続けるのか、それとも真の海賊になるかを問うた質問の様に聞いてとれる。
この時は明確に答えを出さなかった茉莉香だが、宇宙に出たいが為にヨット部へ入部し、宇宙を自由に飛びたいが為に海賊になった少女が出す答えは最終話を迎えなくても予想できそうなものだ。

モーレツ宇宙海賊 第25話09.jpg

そして今回最大の見せ場であった茉莉香とチアキによる海賊の歌のデュエット。
それにしてもこの彼女、ノリノリである
調子に乗ってやらかした揚句、思いだして悶え転がるチアキが実に良い。
できればウィンクの瞬間にあざとく横ピースをしてほしかった。
チアキがするならきっとイラッ☆っとくることもないはずなので。

モーレツ宇宙海賊 第25話06.jpg

さて、来週はモーレツ宇宙海賊もいよいよ最終話を迎える。
特に残した謎も伏線も無く、綺麗にまとまっていた作品だけに最終話だけ大ポカをかますということはまず無いだろう。
クオーツが帝国の姫君かどうかや、鉄の髭の正体は一体何者なんだとかいうのは別にいい。
弁天丸の操舵士とパラベラム号のクルーが双子の片割れ同士だということで鉄の髭が何者か明確にしなくても答えている様なものである。
梨理香(母)が満更でもない様子でくっ付いているところを見るに、知らぬは茉莉香(娘)のみといったところだろうが、最後まで明確な答えを出さずに物語が終わりそう。
左母二郎としては、別に解いてもらわなくてもいい謎よりも、大勢いるサブキャラクターを全員無理の無い形で登場させることができるのか気になるところだ。
というかサーシャさえ登場してさえすれば全く問題ない
サーシャの勇姿が見れる事を楽しみにしながら最終話を待つとしよう。
できれば水着か下着での登場をお願いしますわ。(最近こんなんばっかだな・・・)


第24話感想 ⇒第23話感想 ⇒第22話感想



↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。