感動?いえいえ最初から最後まで爆笑でした。『アクエリオンEVOL』第26話(最終話)感想: 名前の通り、さもしい男だ

2012年06月28日

感動?いえいえ最初から最後まで爆笑でした。『アクエリオンEVOL』第26話(最終話)感想


―――WORNING―――


この記事には『アクエリオンEVOL』第26話のネタバレが含まれております。





アクエリオンEVOL 26話01.jpg

最終回は笑いっぱなし。
シリアスの衣をなげ捨てた下には怒涛のお笑い要素が詰まっていたというまさかの展開に、見終わった後は実に面白いコメディーアニメだったなあという気分になった。
手に汗握る展開というより、次はどんな手法で笑わせてくれるのだろうという期待の方が強かった最終回だったと思う。
バラエティーのお笑い番組を見てるような感じだといえば、お分かりいただけるだろうか。
特にシュレード機が現れた時からニヤニヤ笑いが止まらず、アクエリオン・ゲパーダで爆笑し、空気を読まない不動の「今を受け入れろアマタ」というセリフで脳が溶けた。
おっさんそのセリフおかしいです!
とにかく真面目なのか笑わせたいのかよく分からない展開にツボったのは事実。

アクエリオンEVOL 26話06.jpg

ここまで最終回を爆笑しながら視聴できたのは、EVOLをかかさず見続けてきたからだろう。
例えば、EVOLの本編を一切見ずに最終話だけを見たとしたら「なんてバカバカしくふざけたアニメだろうツマらん」という感想を持ったに違いない。
まあ、毎週見ていてもふざけたアニメだと普通に思っているが、やはり1話から25話までを視聴して作品のノリと悪ふざけを理解した上で最終回を見なければ、この面白さは決して伝わってこないのではないだろうか。
どのアニメでも同じかもしれないが、それでもアクエリオンEVOLについては特にそう思うのだ。
最終話だけを見た人には滑稽でくだらない最終回だったかもしれないが、毎週EVOLを視聴して作風とノリを刷り込まれたEVOLARには極上の集大成に感じられたのではないかと思う。

アクエリオンEVOL 26話03.jpg

しつこさだけが取り柄のアマタ
自分勝手な思い込みで空回りし続けるミコノ
いつまでも報われないゼシカ
おいしいところをかっ攫っていくシュレード
シュレード大好きっ子のカイエン
MIXと合体できたが結局男女機合体できなかったアンディ
活躍の機会をことごとく潰されるモロイ
人の恋路と男性カップルに目を輝かせるサザンカ
ひとりだけ方向性の違う不動
いつも通りにウザいミカゲ
セリフも出番も無いのに存在感の強いモブ達と、要するにいつも通りの内容が最終話にはこれでもかと詰め込まれていたわけだ。
これを集大成と呼ばすになんと呼ぶ。

アクエリオンEVOL 26話04.jpg

ハイパー化したエンシェント・アクエリオンとの決着やミカゲによって引き起こされた天変地異は「愛でなんとかなったぜ!」という投げ捨て解決のご都合展開だがこれもいつも通りなので気にならない。
まさにノリだけで突っ走った感のある最終回だったが、この作品の終わり方としては十分合格点ではないだろうか。
もちろん突っ込みどころも満載だが、「こまけぇこたぁいいんだよ!」の精神で全て受け止めた上で、投げ捨てよう
いちいち突っ込んでられるか。
左母二郎としても、理屈抜きで今までで一番面白おかしく見れたのは事実で、ミカゲがハッピーで終わったのが心残りだが概ね満足できた最終回だった。

アクエリオンEVOL 26話07.jpg

振り返ってみるとアクエリオンEVOLというアニメは手放しで傑作と褒めるには抵抗があるものの、傑作と迷作の合いの子の様にいつまでも記憶に残っていそうな作品になった。
誰もが感動するような作品では無いけれど、誰もが笑って楽しめる作品になったのではないかと思う。
放送されるアニメの全部が全部こんなアニメなら疲れそうだが、たまにはこんなバカなアニメが1つ2つあっても良いんじゃないかな。


第25話感想 ⇒第24話感想 ⇒第23話感想




↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。