「汚い〜」は蔑称、「汚いなさすが〜きたない」は褒め言葉『モーレツ宇宙海賊』第20話: 名前の通り、さもしい男だ

2012年05月22日

「汚い〜」は蔑称、「汚いなさすが〜きたない」は褒め言葉『モーレツ宇宙海賊』第20話


―――WORNING―――


この記事には『モーレツ宇宙海賊』第20話のネタバレが、バファリンのやさしさ程含まれております。



モーレツ宇宙海賊 第20話05.jpg

19話以降、ずっとオリジナルの展開が続く『モーレツ宇宙海賊』
最近知ったことなのだが、なんと1話放送の時点で既に最終話までの制作が完了していたらしい。
だとすると、左母二郎が期待していたポロリとかは絶望的な感じだ。
薄々分かっちゃあいたけどね。

ポロリなんて、あるはずないって。

それでも思ってたんだ、ブログでポ・ロ・リ!ポ・ロ・リ!って気勢を上げていればいつかやってくれるんじゃないかなってね。
でも完成してたんなら気勢を上げてもどうしようもないよね・・・。

じゃあ、気を取り直してBlu-rayの映像特典で裸出そうか!
(前向き)

モーレツ宇宙海賊 第20話01.jpg

一人乗りヨットの大会であるネビュラカップ出場者の選抜の為に、急遽ヨットレースを行うことになった白鳳女学院ヨット部。
ノリがおかしいケインとネビュラカップ出場に期待を膨らませるアイ、ケインの様子をおかしく感じながらも今を精一杯楽しもうとする茉莉香の3人の対比が面白い。
大気圏へ単独突入するヨットレースの選抜が、マリンスポーツのヨットレースで行われるのかは謎だが、とにかく今回は水着回ですよ。

モーレツ宇宙海賊 第20話06.jpg

大前提 : ヨットといえばマリンスポーツである。
小前提 : マリンスポーツといえば水着である。
結論 : ヨットといえば水着である。 
三段論法によって水着解が導き出されたかは分からないが水着回だ。
着けているのが競泳水着だろうが、パーカーやライフジャケットで胸が隠れてようが水着回は水着回。
大切なことなので2回書いた
競泳水着とパーカーのお陰で色気を感じる事は出来ないが、尻のくい込みがあることだし一応及第点としておくかな。
一番くい込みの激しいのがケインのブーメランパンツという事に若干の理不尽さを感じるが。

モーレツ宇宙海賊 第20話00.jpg

第13回ネビュラカップで当時の白鳳女学院ヨット部部員が何をやらかしたのかは分からないが、5年間の出場停止処分を受けたとなると並の事件ではない。
今のヨット部部員も名門お嬢様学校にしては破天荒な人物ばかりだが、当時も同じように非常識な面子が揃っていたのだろうか。
どこぞの現代視覚文化研究会のように、この学院のヨット部は伝統的に変人の集まる部活なのかもしれない。
ここまでの出禁をくらう程の不祥事を起こしたのなら、普通は廃部にされているよね。
廃部になっていないのも不思議なことだが、この5年の間、歴代のヨット部部員は何を励みに部活動をしていたのだろうか。

モーレツ宇宙海賊 第20話02.jpg

ライフジャケットを装着しているというのに、人体にあるまじき沈没のしかたをするグリューエル。
普通の人間は体脂肪率1%以下でもこんな沈み方しないと思われる。
セレニティ王家の人間はコーディネーターやのうて機械人間やったんや
関西弁丸出しで叫んでしまいそうな姿だが、グリューエルのライフジャケットって重りか鉛でも入ってんじゃないだろうか。

そして姉の沈没を見て「仇を討つ」と勇みたつグリュンヒルデ。
グリューエルは自滅したのだからその表現は明かにおかしい
仇を討とうにも仇がおりませんよ?お姫様。
不祥事⇒握り潰す 他人の秘密⇒抉じ開ける 障害⇒力尽くで排除 移動⇒密航 勝負⇒策略を巡らす 姉が自滅⇒タマとったらんかい!
セレニティ王家の人間の思考回路はやはり過激過ぎて危険である。

モーレツ宇宙海賊 第20話03.jpg

どんなに汚い手段だろうが勝てば官軍という危険な思考回路を持つセレニティ王家の人間だけあって、手段を選ばず出場権をもぎ取るグリュンヒルデ。
「汚いな。さすがグリュンヒルデきたない」
本戦でも彼女の汚さは炸裂するのだろうか。
今大会でも白鳳女学院の不祥事があった場合、永久出場停止措置が取られる可能性もあるのだが、それすらも平然と握り潰しそうな姉妹が怖い。
可愛い顔してえげつないところがこの姉妹の魅力なのだろう。

モーレツ宇宙海賊 第20話04.jpg

ところでネビュラカップとやらには中学生でも出場できるものなのだろうか?
グリュンヒルデはグリューエルと同じく白鳳女学院の中等部に属しているので、高校生に交じって大会に出場できない気がするのだが。
もしかしたら高校生の部と中学生の部があるのかもしれないが、今回の内容ではルールや出場資格について詳しく触れていなかったのでよく分かりませんな。
まあ年齢制限があったところで規約を捻じ曲げてでも出場してきそうな、セレニティ王家の爆弾娘を止める事のできる人物がそうそういるとも思えないものだが。



↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。