名前の通り、さもしい男だ

2012年05月15日

2012年春期アニメ評価 中間発表 その




先日に続いて残りの春期アニメの評価をしてみたい。
いくつか漏れている作品があると思うが、視聴していないので評価無しだ。
相変わらずの偏見と独断にまみれた評価なので不快に感じる人はスルーでお願いしたい。


AKB0048 第01話00.jpg

AKB0048
お奨め度:★★★☆☆

ネタアニメかと思いきや本気のアニメだった驚きの一本。
SF作品に強いサテライトが制作しているだけに、映像クオリティは非常に高い
マクロスといいゼノグラシアといい、なぜアイドルをモチーフにしたアニメはSF作品になるのか。
AKB0048は「会いにいけるアイドル」ではなく「会いに来た上にガチンコで戦うアイドル」な武闘派集団である。
選抜されたAKB48のメンバーが主要キャラクターの声を当てており大半は棒役者なのだが、意外な事に新人声優レベルの演技力を持ったメンバーもいるので驚きだ。
3年後くらいにはこの内の何人かが声優になっているかもしれない。
ゼノグラシアが放送された際は黒歴史扱いされたが、本作は数年後どういった扱いになっているのだろう。
AKB48とまったく関係の無いアニメにすればもっと人気が出るに違いない損な作品である。


めだかボックス 第06話00.jpg

めだかボックス
お奨め度:★★☆☆☆

元々は学園内の面倒事を様々な手段で解決する話だったが、いつの間にやらバトル漫画にチェンジしていた、いわゆる典型的なジャンプ作品
原作漫画は公的資金注入で生きながらえているゾンビ企業のように、アニメ放送期間中という
出版サイドの思惑によって無理矢理延命させられている様な印象がある。
ある意味今期3つ目のゾンビアニメ
西尾維新らしい『トンデモ能力者』『意味不理論』『飽きたから戦闘カット』『戦闘力ハイパーインフレ』なんでもござれ。
倒すべき相手が1コマでやられていたり、苦労して倒して仲間になった者たちが数ページで全滅していたり、死んでもスキルであっさり生き返ったり、1京2858兆519億6763万3865個のスキルを持つキャラがいたりと『ぼくのかんがえたさいきょうのきゃらくたー』に眩暈を覚える。
とはいえアニメは1クール全12話放送なので、学園アニメがゲシュタルト崩壊を起こす前に終了してくれそうである。


これはゾンビですか?OTD 第06話00.jpg

これはゾンビですか? OF THE DEAD
お奨め度:★★☆☆☆

ギャグアニメにしてはギャグが微妙で、ハーレムアニメにしては愛が半端で、バトルアニメにしてはバトルシーンがおざなりだ。
毎回のダラダラ感が半端ないが原作通りといえばその通り。
原作も本編はグダグダ、別巻にするべき短編集を本巻ナンバーに添えたりして全く話を進めようとしない有様である。
なぜ2期の制作を決定したのか解らない。
1期のBlu-rayの売り上げがよかったのだろうか。


LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第05話00.jpg

LUPIN THE THIRD 峰不二子という女
お奨め度:★★★☆☆

ルパン40周年にしては、全体的に力不足を感じるようになってきた。
不二子と次元に関しては文句は無いが、それ以外の登場人物に問題がある。
存在感の薄いルパン
覚悟とアクの少ない五ェ門。
汚すぎる銭形警部。
粘着質なナルシスホモ。
勢いがあったのは初めだけで、回をこなすごとにパワーダウンしていくのは残念で仕方がない。
早く何とかしないととんでもない事になりますよ?


聖闘士星矢Ω 第07話00.jpg

聖闘士星矢Ω
お奨め度:☆☆☆☆☆

視聴していないので評価できす。
キャプチャの為に7話を録画してみたが、映像クオリティの酷さに驚いた


夏色キセキ 第06話00.jpg

夏色キセキ
お奨め度:★★★☆☆

毎回作画が定まらず制作資金が足りてないのではないかと心配してしまう。
1話の内容が内容だけにマイナス発進は否めないが、緩やかではあるが右肩上がりに面白くなってきた
テニスアニメではないのに『テニプリ』『そふてにっ』より真面目にテニスをしているアニメ。
毎度くだらない願いごとを願う4人娘もだが、それを律義に叶える御石様の寛大さに感心する。
この調子で願いを叶え続けると、いつか砕け散るのではないだろうか。
今のところ些細な願い事だけのほんわかアニメだが「誰かを生き返らせる」「時間を巻き戻す」「永遠を願う」等のヤバい願い事なら一気に作品の雰囲気が変わる事だろう。


坂道のアポロン 第05話00.jpg

坂道のアポロン
お奨め度:★★★★☆

菅野よう子氏が手掛ける音楽が素晴しい
60年代を舞台にしている為、現代との文化的差異を考えながら見るのも面白い。
東西冷戦により世界が緊張し安保闘争や学生運動等で日本が揺れ動いた時代である。
先行きに不安を抱えながらも学生達に熱気と勢いがあった狂乱の時代といえる。
大雑把で豪快な千太郎が恋愛ベタで、神経質で繊細な薫が意外に行動的な事が笑える。
登場人物の恋愛感情が見事なまでに一方通行なので、毎回ドロドロしそうな展開が不意打ちの様に訪れるが今のところ何とか神回避
少女漫画には修羅場的カタストロフィはつきものである。
絆を深めていく友人達の絆がどこで木っ端微塵に砕け散るのか
その瞬間を今か今かと待つ心臓に悪いアニメである。


あっちこっち 第06話00.jpg

あっちこっち
お奨め度:★★☆☆☆

面白くない、見ているとひたすら眠くなる作品
どうやら主人公格の不在が左母二郎の視聴意欲を大幅に削る要因らしい。
主人公カップルはどう考えても脇役だろう。
気にいったキャラが一人もいない、ある意味珍しいアニメだ。


さんかれあ 第04話00.jpg

さんかれあ
お奨め度:★★★★☆

ゾンビ+美少女=恐怖+萌え
新局地なゾンビ娘萌えアニメ。
ヒロインの散華礼弥はある意味本物の腐女子。
団一郎パパンが娘激LOVEになるのが頷ける程エロ可愛い
毎回紹介している通り、アニメの完成度は非常に高い作品である。
アニメ化が早くに決定した作品なので、かなりの部分をオリジナルで補う可能性があり、それが不安材料でもある。
Blu-rayでは湯気が消えて鮮明なおっぱおが拝めるはずだが、確証はないので自己責任でお願いしたい。


戦国コレクション 第06話00.jpg

戦国コレクション
お奨め度:★★☆☆☆

『戦国』の意義を一切見出せない戦国コレクション。
戦国武将が栄える戦国の世を投げっ放しジャーマンで放り投げた愚行に拍手を送りたい
なぜ現代に飛ばされてきたという馬鹿な設定にしたのだろうか。
コンプガチャ己死
ゲームの宣伝として大金はたいてアニメ化したのは大失敗と言わざるを得ない。
キャラクターデザインがキャラごとに違う為、毎回同じアニメのはずなのに違うアニメのようだと視聴者を戸惑わせるマヌーサ仕様。
各話毎にメインキャラクターが違うオムニバス仕様なので、気にいったキャラの時だけ見ればいい。


エウレカセブンAO 第05話00.jpg

交響詩編エウレカセブンAO
お奨め度:★★★★☆

前作のエウレカと本作にはどんな繋がりがあるのかは今のところ謎。
違う星系なのか過去なのか未来なのか、それとも異世界なのか全く解らない。
スカブコーラルとの戦いに、国同士の利権や政治的思惑などが絡み合い前作以上に緊迫した世界情勢で、前作以上の悲劇と阿鼻叫喚の大惨事が起りそうな予感がバリバリである。
主人公アオの扱いは憐れすら感じる有様で、ガイジンの子供として差別され虐められた過去を持つ上に、島の為にIFOで戦えば家を放火され、隣近所の村民に捕まって暴行され、政治の道具として売飛ばされそうになった揚句、逃げ込んだ先ではいらない子扱い。
ナマケモノのノアの方が優遇されているという悲しい現実。
もっとアオに優しくしてヤッテ!
だからアオの声優本城雄太郎 が少々棒でも許せる。
何処にも自分の居場所が無かった少年が、自分の力で居場所を勝ち取っていくのは前作のレントンと同じだろう。
作品の出来栄えに関しては前作と同じくらいの出来なので、安心して視聴できるアニメである。


シャイニングハーツ 第01話00.jpg

シャイニング・ハーツ 〜幸せのパン
お奨め度:★★☆☆☆

パン食え。
食えよパン。ホラ。
やるから食えよ。はやく食え。
食ったか?
よし食ったな。
今からお前は俺の客だ。
明日も明後日もそれ以降もパン買いに来い。
いいな?
来なかったらパンの代わりにお前の家焼くから覚悟しとけよ。
男はハーレムと島への支配を拡大させる為、日々パンを焼き続ける。



つり球 第05話00.jpg

つり球
お奨め度:★★★☆☆

極度のコミュ障に陥っている主人公真田ユキが釣りで地球を救う話。
釣りと救世の因果が全く説明されておらず、これも主人公のコミュニケーション不足が原因である。
はよ聞け。
言いたくても言えず、聞きたくても聞けないユキにヤキモキすること多数。
そんな対人スキル0だったユキが、能天気なハルに振り回されながらも着実に成長していく姿が微笑ましい。
これを見るとなんだか海釣りをしたくなる
なんだかんだで人の良い登場人物ばかりなので、肩肘張らずのんびりアニメを見たい人にはお奨めだろう。
恋愛要素とエロが大幅に欠如しているのが今のところネックだろうか。


アクセル・ワールド 第05話00.jpg

アクセルワールド
お奨め度:★★★☆☆

中二病全開の痛いセリフまわし、緊迫したシーンで流される場違いに陽気なBGM、ヤマ場を大いに盛り下げる原作者の棒解説など肝心なシーンで脱力させてくれるマホトラアニメ
何よりデフォルメ4頭身がデフォルトな主人公の姿に違和感バリバリである。
お前は『上下かまど』か。
ベテラン揃いの声優陣の中では、どうしてもヒロインの活舌の悪さが目立ってしまっているのが残念だ。
声質は良いと思うので後は経験あるのみ、三澤紗千香嬢にはこれから頑張ってもらいたいところ。
仮想世界のゲームに本気で取り掛かる少年少女の姿を、中二病臭いと笑うか、熱いアニメだと感心するかは視聴者次第だ。
ある意味、スポコンアニメだといえなくもない。




↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。