名前の通り、さもしい男だ

2012年05月21日

本日ご紹介するのは、ミサイルを切るだけの簡単なお仕事です。『峰不二子という女』第07話


―――WORNING―――


この記事には『峰不二子という女』第07話のネタバレが少量含まれております。ネタバレ?何それ美味しいのという方のみお読みください。



LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第07話04.jpg

〜公式あらすじ〜
舞台は中米の小国カリーブ。
フィラデル・ケスト率いる革命組織が、級独裁政権を打倒し新政権を樹立。
国連演説へ向かうフィラデルに、ジャーナリストとして不二子も同行する。
しかし、フィラデルの乗るプロペラ機が、旧政権の残党によりハイジャックされる。
この事件がきっかけで、長年緊張状態が続いていた2つの超大国が大きく揺れ動き、
ついには第三次世界大戦勃発の危機となる! そんな中、不二子は...。

LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第07話00.jpg

今回はキューバ革命キューバ危機をイメージして作られた物語だったらしい。
革命家のフィラデル・ケストはフィデル・カストロチェ・ゲバラを併せたような人物。
ただし、外見はチェ・ゲバラそのもの。
カストロよりチェ・ゲバラの方が人気あるから仕方ないね。

因みにキューバ危機を簡単に説明すると、キューバ革命成功後、アメリカ合衆国に散々嫌がらせを受けたキューバがソビエト連邦と急接近し、国内ミサイル基地へのソ連製核ミサイル配備を契機にアメリカとソ連の緊張が高まり、あわや第3次世界大戦が勃発する寸前までに達した事件である。
冷戦下で代理戦争を幾度となく行った両陣営の直接対決に加え、核戦争によって世界が滅びる可能性があった危険な出来事だったらしい。

LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第07話02.jpg

若きカリスマ、旧政権が隠匿したという油田、カリーブを挟んで睨みあう超大国、フィラデル暗殺を請け負った五ェ門、旧政権の残党、そしてフィラデルに接近し油田の在処を探る不二子。
上手く料理できれば中々の逸品が出来たかもしれない素材なのだが、結局料理しきれておらず印象の薄い物語になってしまったのは残念だ。

特に今回は何を伝えたかったのかさっぱり伝わってこない
作品の舞台である時代の背景を紹介したかったのか、不二子が歴史的な大騒動の中で暗躍した姿を描きたかったのか、それとも革命を成し遂げた男の生き様をロックスターに準えたかっただけなのか。
カリーブの隠し油田の情報が世界情勢に与える影響も説明されることはなく、不二子の目的も曖昧なままで、不二子の雇い主がどの陣営の人間かもはっきりしなかった。
察しろというには説明不足であり判断材料も少なく、何度も見返すことができる程面白いわけでもない。
実にすっきりしない消化不良ぎみな物語だったと感じる。

LUPIN the Third 〜峰不二子という女〜 第07話01.jpg

だが今回の7話で語りたい事は上記のことではなく、五ェ門の扱いについてである。
複翼機の主翼に乗って登場した五ェ門には笑ったが、見終わった後ふいに悲しくなった。
なんだろう・・・このせつなさは
物語の根幹には一切関わらず、ミサイル迎撃の役割の為だけに参上とか、新シリーズ登場2回目からすでに道具扱いですか。
五ェ門をみて悲しくなったのは、五ェ門が斬鉄剣を持つ以上、新シリーズでもまともな出番はないのだろうという予感があったからだ。

思えばルパンシリーズを通してみても、五ェ門は金庫や壁を切るだけの便利な缶切程度の男だった。
障害物を片っ端から切って邪魔する警官も全部無力化してお宝をゲットすることができる五ェ門はチートキャラ、いわばバランスブレイカーな存在であり斬鉄剣が必要な回以外は修業に出ていて行方不明というのがお約束だった。

結局のところ、切る以外に取り柄の無い五ェ門は、脚本家にとって道具としては使いやすく、話に絡ませるには使い勝手の悪いキャラクターなのだろう。
2度目の登場ですでにミサイルを切るだけの道具と化している状況をみるに、新シリーズでも便利なカッター程の役割しかもらえずに終わりそう。
せめてもう少し弱かったら、次元並みに使いやすいキャラクターになれていただろう。
もっとも、弱い五ェ門に価値があるかは不明なのだけれど。




↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

今回は頭から尻尾までワンコたっぷり『さんかれあ』第07話




さんかれあ 第07話05.jpg

タイトル通り、いかしたタイ焼きの様に蘭子がいっぱいのオリジナル回。
それどころか礼弥は全く登場せず、「私が真のヒロインだ」とばかりにずっと蘭子のターン
まさに蘭子の蘭子による蘭子のための蘭子回。
彼女の着物姿から激プリチーな幼少時代までを堪能できる良い話だったと思う。
逆をいえば礼弥と萌路好きな人には少し退屈な回かもしれない。
なんせ予告以外出てこないんだから。

さんかれあ 第07話00.jpg

うちの子供に欲しいくらいの可愛らしさ。
このペッタンコな胸があそこまで大きく育つとか生命の神秘を感じずにはいられない。
キャバクラのお姉ちゃんかみさんが言っていた様に、少女の胸は夢と希望と恋で大きくなっていくのだろうか。
触って確かめてみたいお。

さんかれあ 第07話02.jpg

とまあ馬鹿な発言は脇に置いておくとして、今回は蘭子が持つ千紘への一途な乙女心を堪能できたのではないだろうか。
正直一途すぎて「そんな一途で大丈夫か?」と問いかけたくなる。
趣味が悪過ぎでしょう?
ゾンビのデロデロが好きとかゾンビ娘とちゅっちゅしたいとか、どう考えてもあれはサイコ野郎ですよ?
左母二郎が親なら絶対交際を認めないぜ。
それどころか結婚相手はお父さんでしょ?と小さい時から洗脳しちゃうぜ。
なるほど、こいつが団一郎の病気なのか・・・。

さんかれあ 第07話06.jpg

昔から主人公の近くでお姉さん風吹かしている幼馴染は、ライバルに負ける傾向が※高い。
※左母二郎の偏見
いくら幼馴染としてアドバンテージが高い蘭子でも『あの夏で余ってる』の青色の様に報われない結果が待っているのだろう。
なんせライバルは主役だしね。(正論)
根気良く待ち続ける事ができればおのずと勝利は転がってくるのだが、乙女心に待ったは無いのだった。
そしてさようなら蘭子姉さんの恋心

さんかれあ 第07話01.jpg

従姉ほったらかしで嬉々としてゾンビ映画を見る3歳児
可愛らしいロリ蘭子とは反対に、幼少から終わっちゃってる千紘。
ここまでくると千紘はゾンビ好きというより、精神的に重篤な疾患を抱えているとしか思えない。
面倒臭がり屋で協調性の無い屁たれの泣き虫で重度のゾンビ好きってリアルにいてたらヤバいでしょ。
曲がりなりにも今の千紘がゾンビ好きという趣味を除いて比較的まともなのは、何かれ世話を焼く蘭子のお陰だったかもしれない。
何が千紘をそこまでゾンビに傾倒させるのか不明だが、こんな子供に友達なんて出来るはず無く、当たり前の様にハブられているのも納得できる。
勿論左母二郎だってこんな奴がいたらハブる

さんかれあ 第07話03.jpg

実際に面倒臭がり屋で協調性の無い屁こきの水虫でデブで重度のエロ好きっていう友人がリアルにいるが、今は結婚して二児の父親である。
子供の時分は苦労させられたが、大きくなるともっと苦労させられたものだ。

しかし、よくよく考えると、どんなに変態でも機会があれば恋人もできるし結婚もできるんだった。
あれ、そう考えると千紘ってマシじゃない?
あいつに比べるとマシどころか全部良いじゃないか。
エログッズが部屋に溢れているか、若しくはゾンビグッズが溢れているかだったらゾンビ好きの方が健全な気がしてきたぞ。
ゾンビグッズとか普通にアリなんじゃないの。
性格とかも全然問題無し!

結論:千紘は別に変じゃなかった



さんかれあ 1 【初回限定特典:はっとりみつる先生描き下ろし礼弥成長記録写真&保存用アルバム】 [Blu-ray]






↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

タグ:さんかれあ
posted by 左母二郎 at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

どちらかといえば妹の方が好みかな『クイーンズブレイドリベリオン』第07話



クイーンズブレイドリベリオン 第07話01.jpg

恩知らずでクズだけど豊満な肉体を持つ姉と、身体は貧相だけど奥ゆかしく性格の良い妹、手に入れるとしたらどっち?

姉 ⇒ 姉を選択した君は女性を身体で決める様な包茎野郎だ。性格の悪い女とは身体目当てで一緒になっても苦労するだけだ。

妹 ⇒ 妹を選択した君は性生活を甘く見ているインポ野郎だ。男たるもの誰もが勃起するような女を手に入れる機会を捨ててはいけない。

とまあ、どちらを選んでも怒られる理不尽な問いである。
この問いに対する答えは、そんな機会も選択もありえないから答えないが答えだ
夢は夢、妄想は妄想、IFはIF、しっかり現実を見据えて人生を生きていこう

両方手に入れたいと答えた紳士はよく言った、気に入ったぞ。
家に来て俺の尻をファックする権利をやろう!

クイーンズブレイドリベリオン 第07話02.jpg

究極の選択にしてはお粗末な話だが、ターニャン・サイニャン姉妹に限れば、片方選ぶともう片方がもれなく付いてくる
別の言い方をすれば、片方だけでいいのにもう片方も強制的に押し付けられる。
彼女達は生まれつき龍麟連という紐で繋がっているため、常に行動を共にしているからだ。
左母二郎的にはサイニャンだけ頂きたいところ。
お姉さんの方はちょっと性格が・・・。
常に3Pとか嬉しいけどめっちゃ疲れるだろうね。
行く先々で無銭飲食を続けながらご神体を探す姉妹の旅も本エピソードで呆気なく解決。
これからはアンネロッテの妹分として反乱軍のメンバーに加わっていくのだろう。

クイーンズブレイドリベリオン 第07話.00.jpg

さて、イラストストーリーでは龍の子だったご神体も、アニメではパンダ石に変更されていた。
漬物石に使われているご神体。
価値感の違う者にとっては漬物石程の価値すらないかも。
捨てられなかっただけマシなレベル。

それにしても誰が漬物を漬けているのだろうか。
「キャプテンはおばあちゃん子だからな」という骸骨クルーのセリフから考えるに、
リリアナ本人が漬物を漬けている可能性がある。
そう考えるとなんだか家庭的で可愛いぞ。
ターニャン・サイニャン姉妹よりもよっぽど奥さんに向いているのでは。

クイーンズブレイドリベリオン 第07話03.jpg

では恒例のベストエロリストの発表。
今回は『大海賊 キャプテン・リリアナ』に決定。
なんせ脱いでるのが彼女だけしかいなかったからね。

ちなみにキャプテン・リリアナは沼地の魔女によって蘇った伝説の女海賊で、沼地の魔女の配下のメローナやアイリの同類であり後輩にあたる。
今回ユーミルによって配下の骸骨クルーの支配を奪われたのは、ユーミルの姿をしている誰かがリリアナ以上の存在だったかららしいのだが。

ユーミルの正体・・・一体何者なんだ・・・



リボルテック メローナ リボルテッククイーンズブレイド シリーズNo.005






↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。