名前の通り、さもしい男だ

2012年05月28日

今回の主役はやはりアイ『モーレツ宇宙海賊』第21話感想


―――WORNING―――


この記事には『モーレツ宇宙海賊』第21話のネタバレが含まれております。ネタバレなんて、もう何も怖くない人以外は読まない事をお奨めします。


モーレツ宇宙海賊 第21話05.jpg

ドッグファイトアイの活躍が熱い第21話。
オリジナル展開ながら、本編の内容は今までのエピソードの中でも屈指の傑作だったのではないだろうか。
ユーモア有り、可愛らしさ有り、緊張感有り、爽快感有り、どれも高いレベルで合わさった良いエピソードだったと思う。
なにより作画も良かったしね。

原作小説でもドンパチの少ないモーレツ宇宙海賊。
私掠船免状持ちの海賊の中でも特に火力の低い弁天丸は戦闘向きの船ではない為、戦闘するより逃げる方が得意という逃げ専門の海賊船である。
その為、原作ではほとんどドンパチがないので今回の様なガチな戦闘描写が実に少ないのだが、アニメではこれからずっとオリジナル展開なので戦闘シーンも多くなりそうだ。
宇宙船はレーザー兵器や光子魚雷で艦隊戦やってこそ華だと思うのだがどうだろう。
やはりこの制作スタッフはそこら辺りを良く分かっているようだ。

モーレツ宇宙海賊 第21話03.jpg

異様な雰囲気から始まる本編。
大会の受付や他校の生徒の目が異様に厳しい状況での始まりだが、左母二郎にとっては他に気になる点が・・・。
何コレ
今回のハラマキの第一声だが、左母二郎もあえて言いたい。
何コレ・・・
可愛らしいモブ子ちゃんが多く登場するのだが、声優が全員棒すぎんだろ

新人にしてもこりゃ酷いと思い、声優を調べてみれば「選手達 ももいろクローバーZ」
・・・どうすてももクロを使ったんだ。どうすて。
どの子もほとんど一言だけだったのだが、セリフを喋る順番が連続していたので酷さが目立ってしまったのだろう。
話題作りの為かもしれないが制作スタッフは今売れている彼女達を使うより、声優業界の発展の為に無名の新人声優を使ってやって下さい。

モーレツ宇宙海賊 第21話04.jpg

まさかのリン部長その人によって、6年前の悲劇が引き起こされた事が明らかになった。
中学1年生にクラッキングさせるとか。
レース内容を事前に手に入れた上で、しかも全員が脱落する程の危険なコースを設定した当時の先輩とやらはだろう。
彼女達が結局レースに出たのか、そして完走できたのかは語られなかったが、2名の完走者が彼女達の可能性もある。
鬼畜なOGの所為で、完全なアウェー状態で競う事になったヨット部の後輩達が本当にお気の毒な事だ。
だが裏を返せば、それだけ当時の白鳳女子学院ヨット部は優秀な選手が多かったということなのかもしれない。
コースが簡単でつまらないという理由だけで、誰も完走できそうにないコースを設定したのだから。
もっとも、自分達で設定しておいて大会に出場していなかったら本当に最悪なのだが。

モーレツ宇宙海賊 第21話06.jpg

緊張感漂う選手達のなかで一人だけリラックス状態のアイ。
スポーツ漫画に登場する天才プレイヤーのような気負いの無さ
纏っている空気からして別次元で、レースに勝つ事ではなく楽しもうとしているところに勝利フラグを感じる。
こいつは勝ったな。
優勝はアイちゃんで決まりや!と、視聴者の誰もが思ったことだろう。

「優勝するぞ、優勝するぞ、優勝するぞ」
アイとは対照的に、エントリープラグ内で自己暗示を繰り返していた少年の様なナタリア。
こいつに優勝は無理だな・・・と、視聴者の誰もが悟ったことだろう。
入れ込んだ奴ほど勝利から遠ざかってしまう法則は、アニメでも漫画でも小説でもドラマでも競馬でも一緒。

モーレツ宇宙海賊 第21話00.jpg

久しぶりの正装姿で現れたグリューエルが何とネビュラカップのスターターである。
いつの間にその様なオファーを受け入れたのかは分らないが、私事のついでに公務を行い点数稼ぎする彼女の抜け目の無さが、いい感じに表現できていると思うのだ。
やはり左母二郎的には普段着より、正装姿の方が好きかな。
そして対外用営業スマイルが好みである。
グリューエルの魅力は見事なほどの胸の無さと、可憐な笑顔の内に潜む腹黒さであろう。

モーレツ宇宙海賊 第21話07.jpg

今回のメインはディンギーでのドッグファイトと弁天丸による空中戦だったが、各学園の選手同士の競争をメインにしても楽しめた展開になったかもしれない。
敵愾心を燃やした各選手からの執拗な嫌がらせを何とかくぐり抜けたり、嫌がらせの果てに自滅しそうになった他校の選手を助けて友情が生まれたりと、いかにも青春してますという展開でも面白かったかも。

2話展開だった今回は非常にスピード感があって良かったのだが、あと1話足して上記みたいな感じでレースを盛り上げた上で、終盤にビスクカンパニーの襲撃という構図であれば彼らの非道さが浮き出て尚の事良かったかもしれない。
その展開であれば、意味深に集まっていた割にビスクカンパニーを排除できていなかった強面のおっさん達にも出番が回ってきたかもしれないね。
結局、彼らは何の役にも立たなかったわけですか。

モーレツ宇宙海賊 第21話01.jpg

ディンギーのドッグファイトと弁天丸の空中戦が今回の華だとすれば、
今エピソードの主役はやはりアイだっただろう。
活躍自体はそんなにあったわけでは無いが、要所要所での出番と最後の活躍で、完全に主役の茉莉香をくった形になった。

今回のエピソードではアイがもつディンギーへの情熱と、風をはらんで飛ぶ事への喜びを色んな角度で見せる構成にしていたが、最後にそれらを集大成の様に使ってきたのは素晴しいの一言。
なにより計器類が死んだ状態で、キャノピーを開放して飛ぶ姿は実に絵になっていると思う。
挿入歌の『透明な夜空』を効果的に使っているのも良い。
勝ち負けでは無く、好きだから乗る、好きだから飛ぶという単純で強い気持ちは、茉莉香にとっても重要な気持ちを思い出させる契機となったようだ。

モーレツ宇宙海賊 第21話02.jpg

終わってみれば、第19回ネビュラカップはチアキが優勝グリュンヒルデの準優勝というできすぎな結果に。
余談だが3位のモブ子ちゃんが実に好みである。
誰が書いたのか「チアキちゃんかわいい」が実に可愛らしい。
それにしてもグリュンヒルデは非常に優秀だ。
姉以上に腹黒く、姉とは比べ物にならない程の運動神経を誇り、姉と同じぐらいペッターンなまな板
これはもう姉を越えてしまったかもしれん。

そして優勝記事の隣には、弁天丸がビスクカンパニーを撃退してネビュラカップを守ったという記事が。
う〜ん?ビスクカンパニーが襲ったのは茉莉香であってネビュラカップじゃないよね。
茉莉香が参加しなければ襲撃という行為が行われなかったかもしれないわけで、弁天丸が表彰されるのは何かおかしいような。
なんだか釈然としないが、とりあえず円満解決っぽいから良しとするか。


第20話感想  ⇒第19話感想  ⇒第18話感想




↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

散華さん家のお父さんはいつも自由で楽しそうだね『さんかれあ』第08話


―――WORNING―――


この記事には『さんかれあ』第08話のネタバレが少量含まれております。また大した感想が思いつかなかったのでいつも以上に酷い文面となっております。



さんかれあ 第08話06.jpg

ゾンビ観察記録として、千紘から舐め回す様に撮影されている礼弥。
恥じらう少女にビデオを回し続けるなんて鬼畜。
このシチュエーションで真っ先に思いつく行為といえばハメ撮りだろう。
片時もカメラやビデオを手放さない奴が、ハメ撮りをしないわけがないのだ!

『あの夏で待ってる』のイチカなんかもきっと海人にハメ撮りされてんだろうな〜と考えている左母二郎の脳味噌はピンク色に膿んでいると思いますか?。
だが『あの夏』の薄い本はそんなシチュばかりなはずだ。

さんかれあ 第08話02.jpg

それにしても特盛りである。
先週メインだった蘭子は脱ぎ要員として登場。
原作ではこれを境にどんどん出番が減っていくだけに、貴重な蘭子シーンとして目に焼き付けておこう。
湯気がどれくらいまで薄くなってくれるのか、Blu-rayが本当に楽しみだ。

それにしても、ギャルゲーやADVと違ってアニメ作品はエンドがひとつしか無い事が悔やまれる。
ひとりのヒロインを選び取る結果しかないのはあまりにも勿体無い。
これからのアニメはアマガミSSの様に、パラレル的展開でのヒロイン同時攻略、全員との個別END有りでもいいと思うんだ。
やはり蘭子ENDも見てみたいと思う人は多いだろう。
ただし、並行世界で無い舞台でのヒロイン同時攻略は、幼馴染に後ろから包丁で刺されて殺された上に、本妻に首を切り落とされる可能性があるので注意だ。
「いやホント!中に誰も居ないってばぁ!」

さんかれあ 第08話03.jpg

この女子中学生3人組が来週のメインだ。
喫茶の代わりに銭湯に浸かりにくるという、おばあちゃん的感性の残念な子達である。
中学生なのに涸れとるのぅ。
何気に3人ともブラジャーを着けていないことが今回の映像で発覚した。
無防備な女子中学生って危険ですよ。
妻帯者でも変な人って多いですからね、へへへ。
左母二郎も中学生の時分はぶらじゃーを着けていない女子の、隙間ウォッチングを友達と良くやってたもんだ。
今でも思い出す青臭い青春の思い出ですなぁ。
夏最高

さんかれあ 第08話07.jpg

ショッピングモールとゾンビは切っても切れない関係にあると言っても過言ではない。
ゾンビといえばモール、モールといえばゾンビ。
何気に定番を押さえてくる如才無さがはっとりみつるの魅力ではないだろうか。
そしてワンピースに黒のニーソを合せるところにはっとりみつるのマニアックさを感じる事ができる。
やはり礼弥には黒ニーソだよね。
それにしても千紘の「お別れ会で流れるビデオじゃないんだし」という独白が何気に怖い。
原作にはなかった伏線を今のうちから張っておくとか怖いからやめて。
悲劇的結末へのフラグ建てがはじまってしまう。

さんかれあ 第08話05.jpg

それは・・・偽りの自由!
なにこのイカレたポーズ
相変わらず無駄に良い動きをしてるね、このオッサンは。
頭の中がフリーダムすぎんだろ。
この様に、復活した団一郎は相変わらずである。
広義的にみれば家出娘を連れ帰す指示を出しているだけなのだが、なぜ団一郎が指示すると犯罪行為そのものになってしまうのか。
そして、やることなすこと全てが性犯罪臭いのは、やはり顔があつし伯父さまそっくりだからだろうか。
授業参観日にこんな親父が保護者として現れたら、次の日からいじめの対象になってしまう。
散華さん家のお父さんってダンディだけどすんごく気持ち悪いねって絶対言われちゃう。

さんかれあ 第08話01.jpg

さて、オリジナル回を間に挟む事で本編の進行がさらにゆっくりとしたものになった『さんかれあ』。
今回の第08話「偽りの・・・自由・・・」は原作の第07話にあたる。
アニメに追いつかれる原作は多々あれど、原作より遅いアニメなんて初めて見たかも。
来週も今のストーリーに直接絡まない第12話をアニメ第09話に持ってくるなど、ますます進行が遅くなりそうな感じだけに、1期をどんな感じに決着させるのか興味が尽きない。

まあどんな終りでも、今の進行状況では中途感バリバリの最後になると思うけどね。
ただ、中途半端なところで放送が終了したとしても、2期を今作と同じだけのクオリティで制作する場合は何の問題もないと思われるので、是非とも2期制作を早期に決定してもらいたいところである。






↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

タグ:さんかれあ
posted by 左母二郎 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

何が新シリーズをつまらなくさせているのか『峰不二子という女』


―――WORNING―――


この記事には左母二郎の勝手な思い込みによる『LUPIN the Third 峰不二子という女』への不満事がアホみたいに綴られております。素人によるダメ出しに拒否感を覚える方は決して読まないでお帰り下さい。


峰不二子という女 第08話01.jpg

正直、『峰不二子という女』の感想を書くのが面倒になってきた。
何故かというと何を書こうとしてもダメ出しになってしまうからだ。
ダメ出しばかりの感想ほど見ていて不快な文章はないと思うし、それ以上にダメ出しとは書く方にとっても疲れる作業なのである。

初めは意欲的な作品だと評価していたこのシリーズも、回を数えるうちにどんどん魅力を感じなくなってしまった。
一言「面白くない」と言ってしまえばそれまでだが、何がこの作品を凡作たらしめているのか。
それは結局のところ、痛快さ爽快さを感じないからではないかと思う。
本作には今までのルパンシリーズにあった爽快感と呼べるものが圧倒的に不足しているのだ。

では今までのルパンは何が痛快であり爽快だったのか。
どんなに罠を張り巡らされ、陥れられ、罪を被せられ、もしくは命を狙われても、全ての思惑を乗り越え目的を達成するルパン。
相棒の行動に文句を言いながらも律義に付き合う次元、金では動かず日本食や修行の名目に釣られて渋々手伝う五ェ門、毎度食らいついてはルパンを取逃がす銭形、そして最後に全てをかっ攫っていく不二子。

ルパン三世 「アルバトロス死の翼」00s.JPG

テンプレ展開といえば身も蓋も無いが、結局それがルパン三世という作品の魅力だったのではないだろうか。
勿論、毎回同じような内容ではなかったがお約束といえる展開と、ドライとも熱いともいえる仲間意識と、そしてなにより、このキャラクター達は底抜けに人が良かった。
何があっても最後には弱気を助け、悪を挫くという勧善懲悪があった。(お宝も盗むが)
それこそが痛快であり爽快であったのだ。
泥棒が主人公という社会通念上悪のはずの作品が、原作を飛び出し世代を越え日本人に愛され続けているその理由は、ひとえに彼らがヒーローだったからに他あるまい。

ルパン三世 「アルバトロス死の翼」01s.JPG

左母二郎にはルパンかくあるべしという程の強い思い入れがある訳ではないが、それでもルパンという作品群に対して持つイメージという物が確かにある。
どんなに馬鹿で無茶なことを仕出かしたとしても、最後にはヒーローでいて欲しい。
多くの制作スタッフがルパン三世という作品を生み出してきたが、どの作品でも(細部は違っていても)このキャラクター達の根本は皆等しく善人だったと思う。
今でも多くの人達が「悪どい事を平気でするルパン一味」が画面に登場すれば、真っ先に悪人の変装だと疑うのは上記の理由だからだ。
ルパン一味はいつだってヒーローだった

峰不二子という女 第04話04.jpg

だが新シリーズでは明かに根本から性質が変わってしまっている
キャラクターの性格付けをアダルト向けにしているのはまだいいとしよう。大人の為のルパン、その為の深夜アニメなのだから。
だが変えてはいけないところまで変えるのは良くないと思うのだ。

女性に危害を加えるルパン。(第04話)
平気でルパンを殺そうとする銭形警部。(第04話)
殺人を躊躇なく犯す峰不二子。(第01話・08話)
未練がましく不二子になびく五ェ門。(第03話・08話)

まあルパンと五ェ門に関しては目を瞑るとしても、銭形と不二子については物申したい。
銭形のルパン逮捕への妄執を殺意までに高めたのは明かにやりすぎであろう。
なによりこの二人の関係はもっと明るくなくてはいけない。
毎度繰り返される追いかけっこはルパンシリーズの風物詩であり、この二人の奇妙な友情が物語をただの泥棒と警察の捕物にさせない役割を担っているのだから。
そして「ルパンがいるところ例え火の中水の中」これは何かの作品での銭形のセリフだが、たとえ作品が変わろうとも銭形はルパン逮捕を部下任せにする様な男であってはならない

峰不二子という女 第08話00.jpg

不二子のキャラ付にしてもだが、過去に含みを持たせるため金の為なら何でもする女にしたのは良くないだろう。
なんでもする様な女がルパンと出会い自分の生き方を見つめ直すという展開にしたいのかもしれないが、それでも無関係な人間を躊躇い無く殺すのはよくない
銃撃戦で止む無く撃ち殺すのと、ただ警備の為に突っ立っている人間を撃ち殺したのでは丸っきり意味合いは変わってくる。
盗みに入る為に邪魔な警備員を射殺する。
これではヒーローによっていずれ退治されるべき悪人と何ら変わりないではないか。
なによりこんな人物が主役では誰も納得しはしない。
何故殺した、殺す必要があったのか、彼らは悪人だったのか、意味無く考えさせられてしまう。
それは勧善懲悪ではない。
誰が見ても分る、正義による悪の懲らしめがあってこその勧善懲悪なのだから。

峰不二子という女 第08話02.jpg

結局、身も蓋も無い言い方をすれば、基本に忠実であればある程ルパンは面白いのだと思う。
そして基本から遠ざかれば遠ざかるほど、ただただ違和感と不快感が増していく。
新シリーズの登場人物には正義が足りず、正義では無い登場人物達の織りなす物語は勧善懲悪足り得ず、勧善懲悪のない物語には爽快感が足りず違和感だけが良い仕事をする作品となっているのではないだろうか。

今作品はルパン三世という作品のダークサイドというべき負の側面を演出したかったのかもしれないが、それでも根底にあるべきヒーロー性というものを蔑ろにしてはいけなかったのではないかと思う。
40年かけて作られたイメージを覆す事はそうそう無理というべきで、今更違う側面を新たに映し出したとしても、元のイメージが強すぎて違和感を強めるだけの結果になってしまった。
結局、変わらない事が一番良いやり方だった、それがルパンという作品を作ることの真髄ではないのだろうか。





↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。