名前の通り、さもしい男だ

2012年04月20日

五ェ門×美女×子供=腑抜け侍 『峰不二子という女』第03話感想というにはおこがましい愚痴みたいなもの



LUPIN the Third 03 五ェ門02.jpg

今週は五ェ門が登場ということで、ルパンの出番はまたまた無し
1話でルパン、2話の次元、3話では五ェ門という感じに、不二子と後にルパン一味となる者達とのファーストコンタクトを見せていってるようだ。
そうすると来週4話では銭形警部かルパンの再登場といったところだろうか。

さて、新シリーズの石川五ェ門はどんな感じかというと、見事に腑抜けた中途半端侍だった。

TV1stシリーズの頃は暗殺者として非情で苛烈、女にも靡かない鉄の侍だった五ェ門も、シリーズを重ねる毎に子供に甘く美女に弱い腑抜け侍となっていったが、今作の五ェ門もこれ
受けた暗殺依頼も子供達への情が勝って遂行する事ができず、
不二子の色香に惑わされて「峰不二子ちゃん・・・か」と呟くような体たらく。

LUPIN the Third 03 不二子04.jpg

ガッカリした
この五ェ門全然イケてない
そもそもそんな性格じゃ、絶対人なんて切れないでしょ。
なんで暗殺者になろうと思ったし。
You 暗殺者なんてやめちゃいなYO!

雑学にもならないことだが、1stシリーズイシカワゴエモンの名前は「石川五ヱ門」
2stシリーズ以降は改められ「石川五右衛門」となった。
『LUPIN the Third 峰不二子』という女では1stの頃の表記に近い「石川五ェ門」を使っている。
この事から新シリーズの五ェ門は、1stの流れを汲んだ性格付けがされているだろうと期待していただけにガッカリ感が大きい。

LUPIN the Third 03 国王00.jpg

暗殺目標が悪人であれば違った展開になったはずなのに、なぜ善人を目標にした上に子供を出すし
五ェ門に子供と女を絡ませると、ラノベの主人公張りに純情で一本気な善人になってしまうから嫌なんだなぁ。
しかも最後には裏切られるオマケ付きで。

まぁ、孫達の見ている前で平然と暗殺対象をなで斬りにする五ェ門などあり得ないのだが、できれば女に弱いという性格付けは変えていてほしかった。
昨今のテレビスペシャルのルパンで放送される五ェ門は、女に体よく使われるだけの哀れな道化にしか見えない。
格好良かった時代の五ェ門よ戻ってこい。
情にもろく、女に免疫がないというイメージが根付いてしまっているのだろうが、せめて新シリーズの中だけでも、腑抜けた二流暗殺者ではなく鉄の意志を持った侍の様な人物であってほしかった。




↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 21:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。