名前の通り、さもしい男だ

2012年04月17日

正直に言うとオープニングチェンジは失敗だったと思うんだ。『アクエリオンEVOL』第16話感想


―――WORNING―――


この記事にはアクエリオンEVOLの16話についてのネタバレがほどほどに含まれておりますので、すまないが、ホモ好き以外は出て行ってくれないか?


アクエリオンEVOL 第16話 新OP.jpg

なぜか16話でのオープニング変更という離れ技を繰り出してきたアクエリオンEVOL。
予想もつかない変化球は左母二郎の好むところなのだが、それが死球すれすれのボールなら話は違ってくる。

曲は悪くない、悪くないがOP向けというより挿入歌に合いそうな曲だ。
戦闘シーンなどに流されたら、かなり格好良いのではないだろうか。

アクエリオンEVOL 第16話 新OP01.jpg

しかし、映像がダメだ。
これは・・・ シャフト的未完成?
それともMAD?
映像のほとんどが本編からの流用で、手抜き感が際立っている。
一から作ったオリジナル映像であれば、新OPとしての格好は何とかついたと思われるのだが、これからクライマックスに向かっていく本編に対して、このOPでは役者不足は否めない
こう、何というか、盛り上りに欠けるのだ。
これなら今までのOPを、そのまま使ってくれていた方が良かったのではないだろうか。
希望的観測で言わせてもらえば、今回のOPが未完成版で次回に完成版を出してくることを信じている。

アクエリオンEVOL 第16話 モロイ00.jpg

待望のモロイ回である16話は、おまけにサザンカまでついてくるという充実っぷり。
しかもカイエン・モロイ・サザンカの合体でゲパルトさんが登場するとなると、
見える・・・見えるぞ!私にも未来が見える!
結末は火を見るより明らかなのであった。
100人中100人が結果を予想できるという超易問に。

アクエリオンEVOL 第16話. サザンカ01.jpg

肝心のエレメント能力の方はというと、
や っ ぱ り な
予想していただけに意外感はなかった。
モロイだけに脆くさせる能力、サザンカは腐らせる能力
何か被ってますやん、お二人とも。
ルカナン持ちが複数居てもなぁ。
雑魚や中ボスには効いても、大ボスには効かないステータス異常系は後半鬼門である。
この二人を既存パーティに組ませてもメリットが少ないということは良く分かった。

できればモロイには相手を『イケメン眼鏡マン』にしてしまうエレメント能力にしてほしかった。
そしてサザンカの能力を前回書いたように強制カップリング(限定)にしてしまえば完璧だ。
眼鏡男子強制カップリングをカイエンが絶望予知し、相手に見せる。

男の子どうしの術.JPG


アッーーーーーーーー!

ガチホモ展開キタ━━(゚∀゚)━━ !!!

腐女子狂喜乱舞ノンケ阿鼻叫喚の地獄絵図が誕生した神ミソ回になるはずだったのに。
残念無念だ。

アクエリオンEVOL 第16話 カイエン00.jpg

今までの使えない絶望予知から、マット・アラストばりの未来予知能力を手に入れたカイエンだが、そこはやはりカイエン
期待を裏切らない負けっぷりでマダオ真面目で、駄目な、男の子)アピールを忘れない。
額が常時光ってようと、所詮おめぇさんはカイエンなんだよぉ。
カイエン=マダオ。
無自覚に調子乗っている上、いつも負ける無愛想系肉体派男子って腐女子的にはどうなんざましょ?
ムラっとくるもんなの?

アクエリオンEVOL 第16話 ミコノ00.jpg

さて、デフォルト寸前のカイエンと同じくして、こちらもガンガン売りまくられているミコノ株
煮え切らないアマタカグラへの態度、どっち付かずのスタンスで兄同様ストップ安が続いている。
その様はまさにスズシロショック
ちなみに兄は性能の信用に対する暴落、ミコノは人気の暴落なので、あしからず。

アクエリオンEVOL 第16話 アマタ×ゼシカ00.jpg

今まで正ヒロインという座に胡坐をかいてアマタに対してのアピールが疎かだった上に、ゼシカがアマタに告白したことで、さらなる安値に突入した。
このままでは正ヒロインの座も本格的に危うい状況である。
もともと女性層の支持が薄く、男性層の支持が厚かったミコノだが、二人の男の間で揺れ動いてきた態度をどうにかしないと、女性層どころか男性層の好感度すら下げてしまうことになりそうだ。



↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。