名前の通り、さもしい男だ

2012年04月02日

2012年春期アニメ第1話感想その1「宇宙兄弟」



宇宙兄弟00.JPG

2012年春期スタートのアニメ1話を視聴し、感想を述べる第01回目。
本日は宇宙兄弟の1話を見た感想を。

録画設定を忘れた状態で起きたのが7時00分丁度。
どこのどいつだ、日曜の朝7時からアニメ流す決定に判を押した馬鹿は。
お陰で布団被りながら携帯のワンセグで視聴するハメになったわ。

毎週日曜日朝7時放送ってなんだ。
正直ターゲット層がよく解らない放送時間だと言わざるを得ない。
日曜の朝くらいゆっくり寝かせろと思っているサラリーマンは多いだろうし、それ以上に子供は7時に起きていないだろう。
逆に日曜に早く起きなければならないサービス業の人間が、朝からのんびりアニメを見るもんだろうか?
もしかして早起きの爺様婆様をターゲットにしてんじゃあるまいな。
どの年齢層をターゲットとしていようが、視聴者を伸ばすのには苦労する時間帯だと思われる。

まあ、今日に限っていえば録画してなかった左母二郎が悪いですね。ハイ。
それなのに偉そうに文句たれちゃ駄目ですね。ハイ。

さて、放送時間にケチをつけるはこれくらいにしておいて宇宙兄弟の第1話の感想だが、今の時点では『面白いとも面白くないともいえない塩梅』だ。
ちょっと違うか。
面白いが面白さをどう説明すればいいのかよく解らない』とでも言えばいいのかもしれない。

今回は物語の導入、触りの部分なので主人公兄弟の立場や昔の夢などを紹介しただけにすぎず、次回から六太が宇宙飛行士を目指し、奮闘していくことで物語は徐々にヒートアップしていくのだと思われる。
もう少し作品の世界観に触れてから考えを整理した上で感想を書いていきたいところだ。

この先、劇的な展開は少ないかもしれないが、先が気になる、見続けてみようと思える作品である。
ということで視聴決定、これから定期的に感想をアップしていきたい。



↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。