名前の通り、さもしい男だ

2012年04月22日

散華団一郎があつしおじさまに似ているだって?馬鹿な事を言うもんじゃない。『さんかれあ』第03話感想


―――WORNING―――


この記事には『さんかれあ』に関する軽いネタバレと少量の虹裏ネタを含んでおりますので、そんなの知りたくないという方は「あつしおじさま」でググって学習した上で虹裏の住人になりましょう。


団一郎あつしおじさまに似ているだと?
そんな馬鹿な事があるか。
ほらこんなに、

あつしおじさま01.JPG

なん・・・だと・・・
・・・
・・

確かに似てないこともない


アホな一発ネタは置いておいて。

ほぼ原作通りの展開ながら、非常にクオリティの高い状態をキープし続けているアニメさんかれあ
3話目の今回も納得のクオリティで安心して見れる回だった。
大して物語も進んでいないというのに退屈さを感じさせないのはなぜだろう。
原作の出来が良いのか、それともアニメ制作会社が良いのか。
ここは無難にどちらも良いということにしておこう。

さんかれあ _03 礼弥00.jpg

第03話でも素晴しく表情がエロかった礼弥
この娘って何から何までエロいよね。
今期アニメの中でもトップクラスのエロインだと思うのだがどうだろう。
蘭子と比べるとちっぱいがそれも良い。

さんかれあ _03 蘭子00.jpg

彼女が死んで蘇ったことで、『さんかれあ』がいよいよ始まったといってよいだろう。
人間としての散華礼弥が見れるのは今回まで、と思うと何だか悲しい気分になる。
蘇ったとはいえ結局はリビングデッドで身体は死んだまま、いつかは腐ってしまう運命だ。
原作が終了していないので礼弥の運命は不明だが、普通に考えると結末は悲しい。

やはり女の子は血が通った温かい身体の方が良いと思うのだ。
子供だって産めるしね。
さすがに死体の状態では赤ちゃんも作れないし、産めはしないだろう。
子育て幽霊飴買い幽霊という有名な怪談があるが、あれは死後出産だろうし。
そもそも礼弥に手を出したらネクロフィリアになってしまう上に、お父様にキャンタマきゅって潰されちゃう

さんかれあ _03 団一郎01.jpg

通常なら過失致傷罪に問われるべき団一郎お父様。
殺してしまった相手が死にながら復活した場合、人はどんな罪に問われるのだろうか。
傷害罪だろうか、それともやはり過失致傷罪?
愛する娘を過失とはいえ誤って殺してしまい、あまつさえ娘がゾンビとなって復活するなんて、
「娘さん生き返ってラッキーですね」とは決して言えそうにない同情に値する状況だと、

思うだろ?

だがこの親父を嘗めてはいけない
娘を殺してしまった父は暫くゾンビ以上にゾンビらしくなるが、
更にキモくなって華麗に復活する。
懲りない団一郎の華麗な復活にこうご期待。

さんかれあ _03 アリア00.jpg

さて、今回の追加シーンは1話と2話に比べると非常にささやかなもので、
礼弥の母親、散華亜里亜が酒を飲んで管を巻いているシーンくらい。
ワイシャツ一張に朝酒と自堕落さを絵に描いたような格好だったが、彼女の乳は最高なのだ。

ちなみに左王子蘭子若い方のお色気担当なら、亜里亜は年嵩の方のお色気担当で、原作では礼弥、蘭子の次に裸描写の多い人物となっている。

ババアの裸なんぞいらんという人よ、まあ聞きたまえ。

一見、厭味ったらしく高慢で鼻持ちならない感じの彼女だが、実際は厭味ったらしく高慢で鼻持ちならない上に陰険な女性である。

おっと、全然フォローになってないZE

旦那に相手にされない寂しさから、夜な夜なホスト遊びを繰り返しているセレビッチな彼女だが、意外と純情で可愛らしい性格をしている。
もしかすると処女という可能性もある。
彼女は後妻な上、潔癖症の団一郎は礼弥以外素手で触らないからだ。
やべっ

熟女で人妻で処女って何それ堪らん!

寂しがりやで結構ピュアな彼女の一面がアニメで見られるかどうかは分からないが、亜里亜の登場機会が増えているのは嬉しい限りだ。
これからも是非エロい格好での出番を増やしてください。

さんかれあ _03 アホとホモ臭え奴.jpg

いやホントにこいつらの出番もう無くていいから、亜里亜の出番増やしてください。
マジでお願いします。


DVD付き さんかれあ(6)限定版





さんかれあ 1 [Blu-ray]





↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

タグ:さんかれあ
posted by 左母二郎 at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

五ェ門×美女×子供=腑抜け侍 『峰不二子という女』第03話感想というにはおこがましい愚痴みたいなもの



LUPIN the Third 03 五ェ門02.jpg

今週は五ェ門が登場ということで、ルパンの出番はまたまた無し
1話でルパン、2話の次元、3話では五ェ門という感じに、不二子と後にルパン一味となる者達とのファーストコンタクトを見せていってるようだ。
そうすると来週4話では銭形警部かルパンの再登場といったところだろうか。

さて、新シリーズの石川五ェ門はどんな感じかというと、見事に腑抜けた中途半端侍だった。

TV1stシリーズの頃は暗殺者として非情で苛烈、女にも靡かない鉄の侍だった五ェ門も、シリーズを重ねる毎に子供に甘く美女に弱い腑抜け侍となっていったが、今作の五ェ門もこれ
受けた暗殺依頼も子供達への情が勝って遂行する事ができず、
不二子の色香に惑わされて「峰不二子ちゃん・・・か」と呟くような体たらく。

LUPIN the Third 03 不二子04.jpg

ガッカリした
この五ェ門全然イケてない
そもそもそんな性格じゃ、絶対人なんて切れないでしょ。
なんで暗殺者になろうと思ったし。
You 暗殺者なんてやめちゃいなYO!

雑学にもならないことだが、1stシリーズイシカワゴエモンの名前は「石川五ヱ門」
2stシリーズ以降は改められ「石川五右衛門」となった。
『LUPIN the Third 峰不二子』という女では1stの頃の表記に近い「石川五ェ門」を使っている。
この事から新シリーズの五ェ門は、1stの流れを汲んだ性格付けがされているだろうと期待していただけにガッカリ感が大きい。

LUPIN the Third 03 国王00.jpg

暗殺目標が悪人であれば違った展開になったはずなのに、なぜ善人を目標にした上に子供を出すし
五ェ門に子供と女を絡ませると、ラノベの主人公張りに純情で一本気な善人になってしまうから嫌なんだなぁ。
しかも最後には裏切られるオマケ付きで。

まぁ、孫達の見ている前で平然と暗殺対象をなで斬りにする五ェ門などあり得ないのだが、できれば女に弱いという性格付けは変えていてほしかった。
昨今のテレビスペシャルのルパンで放送される五ェ門は、女に体よく使われるだけの哀れな道化にしか見えない。
格好良かった時代の五ェ門よ戻ってこい。
情にもろく、女に免疫がないというイメージが根付いてしまっているのだろうが、せめて新シリーズの中だけでも、腑抜けた二流暗殺者ではなく鉄の意志を持った侍の様な人物であってほしかった。




↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 21:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

立派な○○が生えている女の子なんてタマげたなぁ『クイーンズブレイドリベリオン』第03話感想




QBR_03 ルナルナ05.jpg


ヤバイ。ルナルナヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
ルナルナヤバイ。

まずエロい。もうエロいなんてもんじゃない。超エロい。
エロいとかいっても
「ハム太郎20匹ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。

何しろチンコ触手。スゲェ!なんか性別とか関係無いの。
性別とかを超越してる。触手だし超エロい。

しかも5本もあるらしい。ヤバイよ、5本だよ。
だって普通はチンコとかひとつしかないじゃん。
だって自分のチンコ5本あったって困るじゃん。
トイレとかSEXとか困るっしょ。

チンコが増えて、一年のときは1本だったのに、三年のときは2本とか泣くっしょ。
だからチンコとか増えない。話のわかるヤツだ。

けどルナルナはヤバイ。そんなの気にしない。増えまくり伸びまくり。
触手使って自分を支えられる、傍から観察しててもよくわかんないくらい長い。エロすぎ。

長いっていったけど、もしかしたら無限に伸びるかもしんない。でも無限って事にすると
「じゃあ、無限に伸びる触手ってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。

あと超強い。カリバラ族最強の戦士。簡単に言うとナッパより強い。ヤバイ。強すぎ。
ヤムチャなんて一瞬で死ぬ。怖い。

それに超胸がでかい。おっぱいぷるんぷるん。それに超のんびり。3時すぎでも平気で寝てる。
3時って。小学生でも寝てねぇよ、最近。

なんつってもルナルナは肌が変わる凄い。黒とか白とか簡単だし。
うちらなんて黒肌とか日焼けサロンに行ったり日光浴するしかないし、白肌にするのに時間をおいたり、乳液とか日焼け止め使ったりするのに、
ルナルナは全然平気。白肌も黒肌も一瞬でできる。凄い。ヤバイ。

とにかく貴様ら、ルナルナのヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイルナルナと渡り合ったアンネロッテとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。


さて頭悪そうなテンプレ使って本日はリベリオン第03話の感想をしてみた。
今回はクイーンズブレイドリベリオン全キャラ中、一番危ない月影の踊り手ルナルナが登場する回。
上でもヤバイヤバイと書いているが、何が危ないのかというと、


QBR_03 ルナルナ03.jpg

股間にチンコサック付けてる

そう、この娘アレが生えているのである。
俗にいえば汚れしバベルの塔
はっきりいえばチンコ
みさくらなんこつ大歓喜

というのは冗談だが、下穿きにコテカのような装飾が付いていて一見ごんぶと君が生えている様に見えるのだ。
放送的に色々ヤバいのか、アップになると何故か光のボカシが入る。

QBR_03 ルナルナ股間00.jpg

上着は乳当ての役割すらしていないただの布切れ
もちろんちょっとした動きで乳首が丸見えになる。
しかし、この衣服もただヒラヒラ薄いだけの布切れではない。

QBR_03S ルナルナアンネ00.jpg

この様に触手が生えており、自由自在に動かす事ができるのだ。
勿論エロいことに使うのにも役に立つ。
股間のコテカも触手と同様に動かす事ができるようだ。
薄い本では大活躍だ

肌が白い時の状態を太陽の踊り手と呼び、肌が黒い時を月影の踊り手と呼ぶ。
太陽の踊り手の時は、無邪気で明るい子供の様な性格をしているが、月影の踊り手の時は妖艶で享楽的かつサディスティックな性格になる。
気に入った相手なら男でも女でも関係無いらしく、すぐにエロいことをしたがる素晴しい人物だ。

とまあ、この様に放送コードに抵触していそうな危なさなのだった。
いや、本当に放送大丈夫なのか?

際どい衣装のキャラクターなら、前作のメナスメローナエキドナといった面子も居たのだが、
股間からチンコのごとく触手が生えているキャラはそうおるまい
と思ったのだが、よくよく考えてみれば逢魔の女王アルドラにもチンコ生えてた

リベリオンに登場する成長したアルドラはチンコ・・・もとい肉裂秘剣を装備していない代わり、裸にエプロンを装着するという、紳士心をくすぐるメニアックな格好をしているのだった。
本当にイカレた作品だなぁ。

QBR_03 ルナルナ01.jpg

さて、第03話の感想だが、やはりいつも通りのクイーンズブレイドだったということで、酷い内容であったのは事実なのだが、散々な目に遭うはずのアンネロッテが酷い目に遭わず、敵も森に潜む魔物ということでエロ大人しめな話だった。
前回と同じように触手でアンネロッテが少々弄られたぐらい。

ルナルナ以外は誰も裸になっておらず、慢性的な裸不足の回といえるが、ルナルナが思いの外可愛らしいキャラクターだったので良しとしよう。
股間の規制スパークも多めだったわけで、Blu-rayではどうなるか楽しみな回だ。

今週のベストエロリスト月影の踊り手ルナルナ
勝因は存在がエロかったから。
なんだかメナスとメローナを合体させた様なキャラクターだと感じた。

というわけで、股間をじっくり鑑賞してほしい。
カパァ

QBR_03 股間00.jpg




クイーンズブレイド リベリオン 月影の踊り手 ルナルナ



ウェヒヒ。





QBR_03 村長00.jpg

残念だったな、それはジジィのバベルの塔だ

間を開ける為にフィギュアを潜り込んでおいたのさ。


QBR_03 ルナルナ後姿.jpg

何かを思い起こす後姿。
そうか、伯方の塩だ。
解らない人はググってね。




↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。