名前の通り、さもしい男だ

2012年03月23日

大石まさるの漫画を読もう


左母二郎が大好きな漫画家の一人、「大石まさる」を紹介しよう。


空からこぼれた物語.JPG

大石まさるの作品はアニメ化されてもおかしくないのに、アニメ化されていない。
鶴田謙二」や「芦奈野ひとし」といった、同系統の作家の作品はアニメ化されているのに残念だ。
是非、水惑星年代記シリーズのアニメ化を強く希望する。

水惑星年代記.JPG

大石まさるの作品は、川や海といった「」、空や星といった「」、山や森といった「」を題材にした話が多く、彼が自然に対し格別の思い入れがあるのを感じることができるだろう。
現に舞台の多くが自然の豊かな田舎で、都会を舞台にした話は殆どなかったりする。
SF要素も強く、文明から取り残された田舎が舞台かと思いきや、陸地が水没し文明が後退した未来の話だったということも少なくない。

もっとも、崩壊した後の世界が舞台でも悲壮感や終末を感じさせる要素は無く、どんな世界でも逞しく朗らかに生きる人々の営みを優しい視点で描いている。
作品としては、一人の主人公を中心として物語が続く長編作品は無く、長くても3巻止まりであり、「水惑星年代記シリーズ」にいたってはオムニバス方式による各話完結のスタイルをとっている。
ただ、世界観をクロスオーバーさせている話も多いので、他作品の登場人物達が共演しているのに気付いてニヤリとさせられることも。

ところで大石まさるの描く少女達は、みな溌剌としていて健康的な魅力がある。
性的にやらしい感じではなく、開放的で瑞々しい色気とでもいうのだろうか。
そんな魅力的なヒロイン達の「おっぱい見てぇなぁ〜」と誰もが普通に考えると思うのだが、その「おっぱいポロン」に応えてくれるのが大石まさるなのだ

川・海とくれば
空・宇宙とくれば
健康・女子とくれば

何もおかしいところはない
おっぱいポロンがある限り、左母二郎は大石まさるに一生付いていく。

さて、彼の漫画はどれも温かな雰囲気の作品ばかりで、戦争、暴力、忙しなさ、空虚さ、欺瞞、裏切り、偽善といった負に連なるモチーフにほとんど触れることはない。

「俺は凄惨で陰惨な結末の話が好きなんだよ」という人にはお奨めできないが、反対に優しくほっこりとした気分になりたい人にはお奨めの漫画家である。

日々殺伐とした人間関係に疲れている方は、一度大石まさるの漫画を読んでみてはいかがだろうか。
ほっこりと優しい気分になれること間違いなしである。



↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画/コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。