名前の通り、さもしい男だ

2012年03月13日

赤沢泉美は生き残ることができるのか

ネタバレがあるので、Anotherを前情報なく楽しみたい方はいつも通り回れ右で。

いよいよ残り2話となったAnother。
最終話まで目が離せない。

目がはなせない.JPG

公式HPのキャラクター紹介で影がかけられていた藤岡未咲も先週公開され、いよいよクライマックス目前といったところ。DVD&BDに収録されている第0話の情報なども合せて公開されているので興味のある方は覗いてみれば良いだろう。

本日はタイトルに書いたとおり、アカザーさんこと赤沢泉美について書きたいと思う。

Anotherは小説と、小説を原作としてストーリーに手を加えられた漫画が発表されている。
この小説版と漫画版は結末こそ同じだが、それに至る過程が違うものとなっている。

簡単に言えば小説版と漫画版では死ぬ人間や、その死因が異なるということだ。
もっとも眼鏡委員長の桜木ゆかりはどちらでも傘が咽喉に刺さって死ぬしアニメでも同じ死因である。
看護師の水野早苗とクラスメイトの高林郁夫、担任の久保寺紹二についても同様だが、それ以外については微妙に違ってくる。

例えば、アニメ版では脳挫傷で死亡した上に、スクリューで腕をぶった斬られたりと散々な目にあっている中野順太は小説版では惨劇の夜に殺され、漫画版では火事で焼死している。
おづら失礼小椋敦志、クラスメイトの小椋由美の兄は、小説版では工事車両の衝突で死亡しているが漫画版には登場しない。代わりに赤沢泉美の兄が引籠りのニートで首を括って自殺するかたちになっている。
結局のところ、小説版でも漫画版でも死ぬ登場人物は大体同じなのだが、ここで我らがアカザーさんの出番である。

アカザーさんの眼差しはM心を刺激するよね.JPG

彼女は小説版と漫画版では異なったルートを持つ希少キャラだ。

赤沢泉美は小説版では死ぬ。端役の彼女は見せ場も無く無残に殺される。
コミックス版では死なない。脇役として確固たる地位を獲得した彼女は見せ場も命も落とさない。

この様に小説版では殺されるアカザーさんだが、漫画版では死なない。
アニメは小説版に準拠しているため、このままではアカザーさんが殺されてしまいそうだが、アニメ版で漫画版以上のプッシュをされている彼女が、そう易々と殺されてしまうのだろうか。

何このリア充.JPG

何やら以前に恒一と出会っていたかの様な回想が10話で飛び出し、サブヒロインとしての立場を固めつつある。どう考えても死亡回避フラグであろう。

ただ、最後の惨劇で死ぬはずの中野を海回で死亡させたり、オリキャラの綾野綾を事故死させたりとアニメでのオリジナル要素が強く最終的に誰が生き残り、誰が死ぬか予想がつかない。

はたして赤沢泉美は生き残ることができるのか
正直死んでもらいたくないキャラだけに、先の展開がとても楽しみであり不安でもある。強気のツインテール美少女は死んだらあかん。人類の宝なんや

あ、杉浦さんは死ぬよ?残念ながら。


Another 限定版 第1巻 [Blu-ray]

新品価格
¥5,851から
(2012/3/13 20:22時点)


Another 限定版 第1巻 [DVD]

新品価格
¥5,081から
(2012/3/13 20:22時点)





↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

タグ:Another
posted by 左母二郎 at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。