名前の通り、さもしい男だ

2012年02月24日

蒼き鋼のアルペジオ

左母二郎がアニメ化してほしいと願うのは、好きな作品をアニメで観賞したいということより、アニメ化によって原作がより広く認知され愛読されることを期待したいからだ。
やはり素晴しい作品は多くの人に読まれるべきだと思う。
読者が増え雑誌や単行本の販売部数が伸びれば、休刊や終刊、打ち切り等の哀しい出来事が減るであろうし、印税収入の増加により原作者の創作意欲も増す事だろう。
ただし、アニメ放送終了後は一気に販売部数の伸びが停滞することや、改悪された場合、原作にも悪影響を及ぼす可能性があったりするので、アニメ化を素直に喜んでいられないのも実情なのだが。

ところで作品を紹介する前に、左母二郎がどういった内容を好むのか簡単に説明しておきたいと思う。
諸君等にとってはどうでもいい事柄であろうし、左母二郎自身も押し並べて語るほどの蘊蓄や思想等ないので簡潔に書くと、

おっぱいが出てる作品。
特に乳首が出る作品。
さらに言えばSEXする作品といったところか。

勘違いしてもらっては困る。
エロが見たいだけならエロ漫画買うわい。
「最近のラノベにはSEXが足りない」でも触れたことだが、主人公には性長し大人になってほしいのだ。
異性の下着や裸なんぞでオタオタして欲しくない。
うっかり着替え中や入浴中に踏み込んでしまった時、
にょっきり威きり立つ息子を指さして「こいつをどう思う?」と相手に投げかけるような余裕があってほしいのだ。

ナウい息子こいつをどう思う?.JPG

そもそも最近の少年漫画は変にお固くていけない。
SEXどころか乳首すら出さん。
昔はジャンプでも普通に乳首が飛び出してたもんさ。
ねぇブルマさん。
ぱふぱふ.JPG
あ・・・いけね。これ豚の方だったわ。

仮に童貞であったとしても、超然としている主人公は大好きだ。
もしくは、ここぞという時にエロリストと化してくれる開き直り型スケベ主人公。
下心を無理やり隠し真面目面する輩より、何と好感が持てることよ。
少年誌の主人公達よ、願わくば本能に忠実な変態紳士であってくれ。


さて、共感を持ってもらったところで、アニメ化してほしい作品を紹介していこう。
左母二郎はこの通り説明が下手糞なので、詳しい内容を知りたい方はウィキペディア等を参照にしてもらうとよいだろう。
駄文で文章が長くなったので今回は1作品だけだ。

アルペジオ.JPG

Ark Performance 「蒼き鋼のアルペジオ

ヤングキングアワーズで連載中のSF海洋戦記「蒼き鋼のアルペジオ」
アワーズは連載陣が素晴しいので、是非読んでもらいたい雑誌の一つといえる。
例えばベテラン作家の聖悠紀を筆頭に、やまむらはじめ、石田敦子、有馬啓太郎、平野耕太、石黒正数、近藤るるる等実力の高い作家が多数連載している。
そんな実力者揃いの作家の中で個性的な良作を連載しているのがArk Performanceだ。
Ark Performanceとは石川考一と光吉賢司という二人作者の共同名義であり、バクマンでいうところの亜城木夢叶みたいなもの。

突如出現した霧の大艦隊という超兵器戦艦群によって海上を完全に封鎖された世界の物語。
人類は霧の大艦隊との戦闘に敗北し制海権を失なったことで衰退の一途を辿っており、閉塞した状況の中で大反抗の機会を窺っていた。
そんな中、傷一つ付けられなかった霧の大艦隊の戦艦を撃沈させた者がいた。
人類側に与した潜水艦イ401を駆る士官候補生、千早群像とその仲間たちだった。
千早群像は霧の艦船との戦闘や交流によって謎に包まれた「霧」の正体を探っていくことになる。

大筋は、人類が太刀打ちできなかった霧の艦船を相手に、天才的な戦術で勝利を収めていく主人公達という戦記物語といったところだ。
寡兵で大軍を破る物語や、強大な敵に冷静な判断力と奇抜なアイデア、果敢な行動で勝利する軍記物語が好きな人には大変お奨めである。
その上、作中に登場する艦船は第二次世界大戦の頃の艦船をモデルとしておりヤマト、ムサシ、コンゴウ、ナガオ、ヒュウガといった戦艦好きには堪らないだろう。
主人公の「千早群像」は、若いが冷静沈着で直感の優れた天才艦長といった人物で、左母二郎的には非常にGOOD。
きっとオナニーしているところを偶然見られても「おっと、後5分で終わるから待っていてくれないか」と微笑みながら言ってくれるに違いない。

海の物語というと汗臭い益荒男達の物語というのが相場なのだが、女性キャラクターも数多く登場するのが本作の良いところであろう。
霧の大艦隊の艦船は、意思を持ち独自の判断で行動する無機物系敵役なのだが、戦艦や巡洋艦クラスの上位モデルになるとメンタルモデルという擬人的な存在を作り出せる。
メンタルモデルは皆、女性型であり、本体を離れても行動することができる。
イ401のメンタルモデルはつるぺた無表情少女のイオナ。タカオはスレンダーなツンデレちゃん。
ヤマトは清楚なお嬢様系でコンゴウはワイルドなお姉様系というように、メンタルモデルも様々な個性を持っている。
ちなみに画像のおにゃの子がタカオちゃんである。

彼女達の可愛らしさと海中を舞台としたハードな戦闘が本作品の魅力だ。
勿論これ以外にも、人類を裏切ったとされる父「千早翔像」の不可解な行動や、混乱を続ける世界情勢、きな臭い政府の権力闘争、張り巡らされた伏線など、これからますます面白くなる要素がぎっしり詰まった作品である。

問題があるとすれば、4巻の時点で未だ乳首が出てないくらいか
だが、この先きっとタカオちゃんのシャワーシーン等が絶対出てくるはずなので、安心して待っていようと思う。


↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 23:13 | Comment(0) | 漫画/コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

いつかアニメ化される作品たち(希望込)

このブログに訪れてくれる物好きな皆さんならラノベや漫画を読んで「これ確実にアニメ化するだろうな」という作品に巡り合ったことが何度もあると思う。
そして現にアニメ化に至っている作品もあることだろう。

以前にも書いたことだが、最近のアニメはオリジナルアニメの数が圧倒的に少なく、ラノベや漫画を原作とする原作有アニメが殆どを占めている。
勿論アニメ化されるにはある程度の人気、知名度、巻数(話数)が必要で、どんなに人気が高くとも1巻しか発売されていない作品がアニメ化することは大変稀だ。
漫画4冊くらいから6冊ぐらいが1クール13話分であることから漫画なら3巻、ラノベの場合は累計にもよるが大抵5巻を超えないとアニメ化されないような気がする。
アニメ化されやすい出版社、雑誌も傾向があり週刊ジャンプの連載漫画がアニメ化されやすいのは周知の事実であろう。
反対に完成度が高く人気がある作品でもアニメ化されにくい雑誌というのもやはり存在するのだ。

さて、本日は左母二郎が愛読する漫画作品のうち、いつかアニメ化されるであろう作品を紹介してみたいと思う。
アニメ化しやすいジャンプの連載漫画やサンデー等で活動する大御所(あだち充や高橋留美子等)の作品は敢えて除外し、若手や発行部数の少ない雑誌の作品を紹介する。
文章が長くなってしまうのでアニメ化してほしい漫画作品は明日、ラノベの方はいつか暇なときにでも紹介させていただくことにしよう。

アニメ化するであろう作品

★荒川弘「銀の匙」 週刊少年サンデー連載中の農業学校漫画

「鋼の錬金術師」を完結させた荒川弘は、やはりキャラ立てとストーリー作りが抜群に上手い。
農業学校での日々を退屈させずコミカルにテンポよく描き出す技術は「やはり天才か」
物語に劇的な変化がなく多少地味だが、「もやしもん」といった農業系漫画がアニメ化したことを考えれば十分可能性がある。
ただし、巻数が少ないのでアニメ化は当分先の事になるだろう。

★羽曳野チカ「3月のライオン」 ヤングアニマル連載中の将棋漫画
羽曳野チカといえば「ハチクロ」。男女共に人気のある漫画家の作品は需要が高い。
将棋アニメも過去殆ど無いことを考えれば可能性十分だと思われる。
ただし決してシャフトに作らせてはいけない。得体の知れないものになってしまう気がする。

★雷句誠「どうぶつの国」 別冊少年マガジン連載中。SF漫画
もともと週刊少年サンデーで「金色のガッシュ!!」を執筆していた作家。小学館が下手をこいたため移籍で逃げられたという過去がある。
現在マガジン系の漫画アニメ化枠が少ない為、話数が揃えばアニメ化される可能性が高い。
話の内容も小さい子供から大人までの幅広い層に支持される内容なので日曜朝枠でいけそうだ。

★羅川真理茂「ましろのおと」 月刊少年マガジン連載中の津軽三味線漫画
今後日本の伝統的文化等に焦点をあてたアニメが増えると左母二郎は予測しているのだが、その候補が「ましろのおと」だ。今放送されている「ちはやふる」も非常に評価が高いことから文化を扱った作品がアニメ化する傾向が進むのではないかと思う。なにより真面目に青春している作品は受けがよい。

★大高忍「マギ」 週刊少年サンデー連載中のファンタジー漫画
少年サンデー連載の作品もアニメ化される頻度が非常に高い。それだけ広告に金をかけているということであるが、上記に挙げた雷句誠を失いドル箱を失った小学館が担ぎ出す可能性がある。
やはり過去の作品が一度でもアニメ化された作家の作品はアニメ化されやすいと(勝手に)感じる。
彼女も「すももももももも地上最強の嫁」がアニメ化された作家である為可能性は十分であろう。
が、サンデー執筆陣はジャンプ作家と違い非常に層が厚いのである。ベテランが潰れずに揃い踏みしていることを考えればアニメ化しない可能性もあり。

以上の5点がいつかアニメ化されるであろう漫画の候補だ。
実際はもっと書くはずだったのだが、色々考えだすとどれもアニメ化しないような気になってしまい結果、可能性が高いと思われた作品だけ列挙させてもらった。

まあ予想が外れてしまっても左母二郎にはどうしようもないのだが。

ちなみにアニメ化しない条件の一つが「漫画の連載が終り完結した」というもの。
アニメ化する作品は現在進行形で執筆されていなくてはならないのだ。
上記の作品が完結した段階でアニメ化の話が無い場合、残念ながら左母二郎の予想が外れたことになる。
とは言え、結局アニメ化することになったとしても放送は随分と先の事になることだろう。
その頃にはこの話題を覚えている者も、このブログ自体残っていないかもしれない。
ちょっと先の楽しみな未来とし、て予想の行方がどうなるかゆるりと待つこととしよう。
もっともアニメ化云々は別として、紹介した漫画はどれも一読に値する作品ばかりなので、興味がある方は是非読んでもらいたい。

明日は左母二郎が個人的にアニメ化してほしい作品を紹介したいと思う。


↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 02:42 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

アクエリオンEVOLが面白すぎる。

アクエリオンEVOLが大変面白い。
なによりニコニコ動画で視聴できるのも良い。勤め人の左母二郎にとって好きな時間に見れる動画配信は本当にありがたいのだ。

できればAnotherもニコ動で放送してほしかったが、贅沢は言うまい。
ニコ動でAnotherが放送されていれば間違いなくペロリストによるペロペロ弾幕が張られ、野郎どもの愛で鳴ちゃんの姿が見れなくなることだろうからな。
鳴ちゃんペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ(ry
Σ(´д`*)
おっといけない。紳士になってしまっていたようだ。

さて、ご存知アクエリオンと言えば馬鹿アニメだが、2期目にあたる本作も前作に負けず劣らずだ。
というより間違いなく前作を超えていると思われる。
すでに8話まで放送されているが(左母二郎は7話まで視聴)すでに名言(迷言)が飛び出しまくっている。物語的にはまだ何にも進んでいないので、今から見始めても問題はないだろう。そもそも物語の進行を楽しむ作品ではない。
馬鹿さ加減を真面目に楽しむ作品なのだ。

前作からキャラデザインは一新したが、左母二郎は今期の方が好みだ。
前の絵は何というか・・・こう・・・バタ臭い感じだったが、今作はクセの無い万人受けする可愛い感じのデザインになっている。なによりエロさが増したのが良い。大いに良い。
前作はキャラデザのお陰でエロ皆無だったしね。
色気の無かったシルヴィアと違ってヒロインのミコノは小動物系ミニスカ少女でエロさ抜群である。
ほほう。みえ・・・みえ・・・みえないっ!

主人公アマタはアポロと違って常識人であるため安心感がある。
ピュアチェリーボーイだがいつかミコノで童貞を捨ててくれるだろう。大いに期待したいところである。
というかアポロは本当にヤバイ主人公だったなぁ。
そもそも生きたネズミをボリボリ喰うような奴は主人公になっちゃいかんだろ。
学無し常識無し風呂入らない四足歩行型野性主人公って誰得だよ。

今作はお馬鹿な要素もだが、作画、キャラクター、音楽、声優、どれをとっても完成度が高い。
メインキャラはもとよりサブ・モブにも丁寧なキャラ付がされていたり前作の音楽をアレンジして使ったり無限拳(ムゲンパンチ)が飛び出したり、一期を知っている人でも知らない人でも楽しめるような作品に仕上がっている。
まさにネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲並みである。

ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲.JPG

Another同様最後までこのままのクオリティで突き進んでもらいたい、今期期待の作品である。


↓宜しければランキングにご協力願いたく候↓

にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ にほんブログ村 アニメブログへ

posted by 左母二郎 at 01:40 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。